レミオロメンのベスト盤を聴いてます

粉雪と3月9日しか知らないレミオロメンなのですが。

すごい!ベスト盤聞いても粉雪と3月9日しか良い歌ない!(今、南風、雨上がり)

でもね、後々になって良かったなと思う歌って初めは[>>]ボタンで飛ばしてた歌だよね。(と、太陽の下で言ってみる)

あとちょっとだ。次に粉雪でそのあと2曲。

もともと音楽は好きなほうなんだけど、音楽で趣味の合う友達って昔は少なかったな。だから自分がちょっと変わってて、普通の人はテレビや有線でかかってるヒット曲をサビくらいしか知らなくてミュージシャンって何か特別な存在だって考えてたんだ。

それはギターを弾くようになってから少しずつ変わってきて、いつも通り過ぎていた楽器屋のおっちゃんが髪を後ろで束ねてたんだけど、一度お店にある一番高いギターを試しに弾いてみたいってお願いしたんだ。すると気前よくチューニングして渡してくれて、店の前に椅子置いてアンプめっちゃ大きいの繋いで「さあどうぞ」って。そん時までギターは家でDVD見ながら覚えてYouTubeで弾き語ってたので、リアルに人前で弾くの初めてだったんだ。そんで弾いてみると「なかなか上手いやん」ってなって、店のそばにいた人も「あの楽器屋って寂れてて使い物にならない骨董品置いてる店だと思ってたけど良い音なるギターやねんなぁ」と。おっちゃんも友達に「ここまでやる子なかなかいないから」って言ってくれたんだけど、サービス以上に俺のこと高校生くらいだと思ったんだろうな。「いや、」年言いかけて「褒めてもらったの初めてです」と。

そのあと、また楽器屋さんの前を通った時にふっと中をのぞくとおっちゃんが気づいて後ろで束ねてた髪のバンドを解いたんだよね。

すると、その白髪は長髪でパーマ当たってんの。ニコッと笑ってまた束ねた。

やっぱ粉雪はキーボード打つ手が弾むわ。(今、紙吹雪)

あれから音楽好きのつながりはふんわりと増えてきた。

さあ、最後の曲はじっくり聞くぞ。