格闘ゲームは嘘だなと身をもって知りました

俺が格闘ゲームにのめり込んだ背景として俺自身がヒョロッちくて子供の頃からケンカに弱かったってのがある。けどゲームは得意だった。だからゲームで勝ってそれがキッカケでケンカになった時は負けたし、ゲーセンで対戦に勝ったら反対側の台を思いっきり殴られてちんちんがすくむなんてのも何度かあった。

そんな自分が嫌で、実際に強くなりたいと常々思っていて、30歳くらいから栄養学を学んで体格が良くなり、ヒョロッちいからケンカを売られるということは無くなったし、そうなると少しずつゲームで強くなくても良いんじゃねって気持ちが出てきた。もちろん、ゲームを続けてプロゲーマーになる人が羨ましくなかったわけではないけど。

そんで、近頃は銃撃戦ゲームや戦闘機ゲームなどを遊んで物騒な印象をかもしだしているわけだけど、コソコソ鍛えてケンカをしてみたいって気持ちが芽生えていた。筋トレしてシャドーボクシング。ゲーセンでもレバーとボタンのやつじゃなく、パンチングゲーム系をやってみたら面白かった。

んで、昨日ちょっとしたことなんだけど、ケンカになったので相手を思いっきりぶん殴ってみた。最初は相手がひるんだけど、周りに人が集まって羽交い締めにされ、身動きが取れなくなって警備員とか店の人もいっぱい来て、警察が来て事情聴取のあとパトカーで本署までいって調書を2枚書かれて親父がクルマで迎えに来てくれて帰った。

その間、ずっと殴った右手が痛かった。日曜なので病院は開いていないのでネットで殴って手の骨が折れるなんてことはあるのかと写真を見たら、自分の手の甲の腫れ方が写真にそっくりだった。

弱いのが嫌だったけど、パンチじゃ強くなれないんだなと分かった。高校の頃とか、学校で漫画が流行って刃牙とか「パンチ力=パワー✕スピード✕握力!」とか言ってて、「握力ってなんだよw」とか笑ってたり、何のマンガか忘れたけど「ボクサーは本気で殴ったら拳を痛めるからグローブをした方がパンチ力が高い」とか言ってて「絶対ウソだろwグローブってクッションだろ?」とか言ってたが、案外本当かもなと。

そんで今朝から病院に行ってレントゲン取ってもらうと手の甲の骨に縦のヒビが入っていて全治4週間。待ち合いにいた腰痛のおばあさんのお孫さんがアンパンマンの人形で喜んでいて、「ボク、アンパンチはウソなんだよ」と言いそうになった。

ギプスをして、4週間ゲームが遊べない。相手の人も許してくれたし怪我もなかったけど、自分にはいつの間にか筋トレで殴った手の骨が折れる筋力がついていて、殴りどころが悪かったらもっと大怪我をさせていたかもしれないなと今更になって反省の念が強くなった。

次は手を怪我しないように波動拳ソニックブームを体得するまでケンカはしないでおこうと思った。