読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルドセプト

カルドセプトやっぱり面白い!2017年もDS版をおさらいするよ!

眠れない夜なのでカルドセプトDSを出してきました。キャラのレベルが上ったりするゲームではないのでカードを集めたら、その組み合わせの妙だけで腕の差がでるというゲーム。久しぶりに立ち上げると過去の自分とは違った目線で接するので「あれ、こうしたほ…

カルドセプトDSの2016年のブックを公開しておきます

ブログ記事が消えてしまった関係で後日から遡っての投稿です。 リトルグレイはネタと侮るなかれ。実質即死50%だから・・・。

カルドセプト3DSの続編はまだか

カルドセプト3DSも全カード集めるまでやりこんで続編が待ち遠しい。 じゃ、今からサーガをやり込んだら良いじゃないのと買うだけ買った。 そうは言っても、カルドセプトは既に現状でおなかいっぱいでもある。 買って置いておけば、またやりたくなったらいつ…

キャラ選択は趣味でしょ

カルドセプトのカードとストリートファイターを比べるとケンはドラゴンでダルシムはゾンビだな。うん、感覚的な問題だけど幾ら勝ってもゾンビやダルシムは性格がひん曲がっているしケンやドラゴンは画面に出すだけでアッパレだわ。 そうは言っても全員ケンだ…

今日もカルドセプト

誰もが一度は考えるゴールドグースをゾンビとネクロマンサーで屍術師ニバス風に仕上げました。仕上げたというかスペルとか全然適当ですけど。今日のブログ巡りでルナティックヘアとサキュバスリングのコンボを入れている人を見つけたのですが、それは相手に…

メタゲーム論

カルドセプトの戦法のひとつに「走り」ってのがある。フライ、ヘイスト、ホーリーワード6、ホリーワード8をたくさん入れて周回回数を他のプレイヤーより多くしてマナや周回ボーナスで基本収入をふやして領地レベルアップで勝つ。侵略で相手の領地を奪わなく…

ドラゲナイ

カルドセプトでドラゲナイブックを考えた。 とりあえずココまでは考えた! そして今宵僕たちの戦いは終わるんだ。 それだけだとオチとして酷いので。 50枚のブックまでは真面目に考えよう。 絵面と歌詞を考えたら ファイアバードのフェニックス ギター持って…

ハイランダーに挑戦

カルドセプトにまたハマってます。やりこむほどに味が出る。 ブックに同じカードを2枚以上入れないハイランダーに挑戦。 50種50枚なんだけど、これがやってみると戦力外はいない。 480種のカードは必ず一長一短になっているので当然だけど。 なんつうか勝率…

アヌビアス練ってみた

アヌビアスがどれほど固くなるのか気になったのでブック組んでみた。 クリーチャーが死ねば死ぬほど固くなるなら乱戦模様になると良いのだけれど、自発的にそういう局面が多発するのってパウダーイーターだよなと。踏まれてよし、横付け侵略でも毎回アヌビア…

デッキの思想

正月、成人式、誕生日と続くめでたいムードが震災報道で吹き飛ぶ。 カルドセプトのブックとマジックギャザリングのデッキは近い。俺は何度も試して確率的に上手く行きやすい所を探そうとするけど、一人で試せる分量には限度がある。デッキに得意技があるとし…

ブラススロウ調整

またカルドセプトのレベルアップステージ埋めてます。タイマンだとブラスアイドルで弾き増ししてホーリーワード0とホーリーワード1とスロウとバックワードを打ち続けて足止めをして相手にスゴロクをさせない、周回ボーナスを与えず金欠にして金欠ゆえ武器も…

オドラデク焼き発展

カルドセプトネタでネットを彷徨っていて見つけたブログ記事。 http://exsir.exblog.jp/19228523/ おお、オドラデク焼きにこういう普通のブック配分に近いカタチがあるのかと試してみたのですが手応えがあまり良くなく自分の好きなカタチに組み替えました。 …

色々考えたんだけど

ディープマジック―マジック ザ ギャザリング熟練者のための高度な戦略作者: Charles Wolfe,George H. Baxter,一宮有希,矢吹幸治,来田明男出版社/メーカー: 新紀元社発売日: 1996/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (1件) を見…

オドラデク・カタストロフィ

理想論のひとつであるオドラデクを残してのカタストロフィ。カタストロフィ中心のブックはランドドレインとドレインマジックの差額だけでクリーチャーを入れずに戦っても勝ち筋はあるんだけど、フェニックスとゴブリンズレアだけが入っているパターンもあり…

MTGを遊んで覚えた確率計算

どうもMTGをやらない人は「小さい怪物と大きい怪物が居て大きいほうが勝って、大きいほうはレアカードでお金を払った人が勝つ」という主観的判断を下しているようですが、ゲームが好きだから擁護的に「そうでない」という人は居ても、実際のところその見解は…

ソン=ギョウジャまとめてドン

あれですね、MTGの話からの続きですがトレカはひとりで遊ぶものでもないし、デッキやらブックやらが組まれる過程はひとりの天才の頭の中でもなく人々の情報交換や実際の試合の中から得られる着想もあるのでコミュ力も必要かも知れません。誰がどんなアイデア…

黄金比はあるのか

マジックギャザリングの大会で優勝者インタビューを読むとまあ、偉そうに色々のことが書かれているんですけど、同形を意識した対策カードの話をする人が多いような印象ですね。色々のデッキが組まれた中で勝率の高いデッキが現れるとその後追いが出来て、そ…

ランプロシーボンズ

シーボンズ拠点が人気のようです。カルドセプトは大抵のカードが何か弱点を持っているものですが、シーボンズの領地をレベル5にしてランドプロテクションをかけると滅多なことでは落ちません。しかしまあ、完成までに相手に大量に他の領地を取られたり、レベ…

風ブック組んでみた

マジックギャザリングの初期費用は「3000円くらいから始めることができるよー」と騙されて買って遊んで次の週には3万円くらい買い込んでいるというのが始める人に多いパターン。 カルドセプトはその点3DSとソフトの費用以外はかからないです。地味に高く付く…

MTGの賞金大会

マジックザギャンブリングが流行ったのはおおよそ20年前で、その後に遊戯王のマンガがジャンプに載ってさらにコナミから本当に遊戯王のカードが出る。遊戯王のカードが出る前は遊戯王のマンガの中に出るカードはMTGのカードだろうと話題になったが、遊戯王の…

ファンデッキ

MTGのトーナメントシーンにはファンデッキという言葉があって、トーナメントに出てきているのにトーナメントで勝つことより楽しみを追求しているようなデッキがこう呼ばれる。しかし、トーナメントとは無縁に自分の楽しみを追求しているのはただの趣味なので…

納得いくまでブックいじったった

台風で奈良にも警報は出ているが昼飯はマクド。そしておうちでカルドセプト。スペルカードをコンプした。ゲーム買ってから今までで186戦で143勝とおおよそ勝率77%になる。何千試合とやっている人を見ると面白そうというより他に楽しいこと無いのかなと思わな…

カルドセプト再開

マジックギャザリング(MTG)や遊戯王やテレビゲームのカルドセプトをまとめてトレカカテゴリを作って語ることにしました。過去ログはそのうち整理するとして、今日は久々に電源をいれた3DSのカルドセプト。 やめる前にアップしていたケルピー入りブックに「…

カルドセプトDS

3DS版のカルドセプトは充分やりこんだので、DS版を出してきてやりなおしている。暇つぶしにもってこい。古くて垢抜けしない感じはあるが、カードの絵が全部違うので世界観も随分違う。また新鮮な気持ちで遊べる。PS4を買ってもいいがXBOX360のゲームも買って…

リビングシールド採用

寝ても覚めてもカルドセプト。 マイコロン2号機はこのレシピで完成。リビングシールドはマイコロンを守るには心許ないと考えていたが、案ずるより産むが易しで4枚入れてゲームをしてみると、アイテムが手札で腐るのを防いで、また拠点レベルアップまで漕ぎ着…

100戦突破

ゲームをしていると頭が冴える説。さいきん睡眠時間が減った。そして寝覚めが良い。実は病気で薬を飲まないと夜寝られないのだが、治ると良いな。ゲームセラピーだわ。薬の副作用で寝過ぎだったのが8時間睡眠くらいになった。ひどい時は12時間くらい寝ていた…

ソルティスの落とし物

カルドセプトでインターネット接続をすると1日1枚カードがもらえる。今日はセージで明日はベヒーモス、そして木曜日はオールドウィロウ。忘れないようメモメモ。 このゲームマップによるダイス目の振れ幅があるけど、仮に振れ幅6としてホーリーワードとフラ…

数字で見るMTGその2

昨日の話のつづき。 「闘争の学び手」も「隊商の随員」も1マナで召還できる。 2ターン目に2マナ使えば次の階級までレベルアップして攻撃できる。 しかし、対戦相手が「朽ちゆくヒル」を召還すれば手も足も出ない。 また、「前兆の壁」も突破できない。 確…

数字で見るMTG

明後日はMTGの大型イベントのグランプリ仙台。 バント(白緑青)のデッキを組んでみた。 エルドラージ覚醒の新しい仕掛け「レベルアッップ」 トーナメントでレベルアップを使ったデッキは成績を残していない。 レベルアップの仕掛けは一見で非効率に見られる…