小説風

海の近くに住みたいなとある時にコータローは言っていた

俺はコータローの事はそんなに仲の良い友人だとは思っていなかった。 小学校で塾が同じだったという関係だが、親の事情でもっと厳しい塾に移された時にコータローの親も情報を聞きつけてまた同じ塾になり同じ中学、高校で特に趣味が合うわけでもないのに絡ん…