矛盾

Wikipedia「矛盾」より

韓非子』の一篇「難」に基づく故事成語。「どんな盾も突き抜く矛」と「どんな矛も防ぐ盾」を売っていた楚の男が、客に「その矛でその盾を突いたらどうなる」と問われ答えられなかったという話から。もし矛が盾を突き通すならば、「どんな矛も防ぐ盾」は誤り。もし突き通せなければ「どんな盾も突きとおす矛」は誤り。よってどちらを肯定しても辻褄が合わない事になってしまい、男の嘘が発覚した。

「これって日本の法律で言うと営業妨害ですよね?」
「両方買って自分で試してから詐欺罪で訴えるのが筋でしょう」
「露店なんて嘘八百で売りつけるのが常識ですよね。不起訴でしょう」
「推論の前に仮定を疑うのが普通なんじゃない?」
「うんうん、売り文句なんて聞き流すよね」
「じゃ、やっぱり営業妨害ですね」
「そうですね」

韓非子 (第1冊) (岩波文庫)

韓非子 (第1冊) (岩波文庫)

二枚舌という言葉が適切で、二枚舌を両方とも論理学の真とすると二律背反が起きるという話なんです。
二枚舌。
矛盾の前に、二枚舌なんです。