物欲にはキリがある

物欲にはキリがある。
見渡す限りが自分のものになったら、それ以上は増やせない。
部屋一面が欲しいもの、欲しかったもので満たされている。
それ以上、どうやったら持てるか考えても、持ちきれなければ、
貸し倉庫を借りて物を増やす方もいるけれど、そこまでくると、
貸し倉庫が店に変わって忘れていたものから売られても・・・
それがね、案外といらなさそうなもののほうが気付くんです。

物欲にはキリがある。
電卓では計算できない式を引き合いにして電卓をバカにする人、
むかしは、よく出会ったものですが、そういう人に限ってねぇ、
3桁同士の掛け算も暗算できなかったりするもんなんだよ。
電卓に出来ない事があっても、自分に出来ない事が電卓でできる。
それでだ、物欲と関係ないようで、物欲の話だから、話を戻そう。
物欲が満たされないなんて教えはね、狭い家で物欲のうちの少し、
コップの底の方に水を汲んで、コップの大きさは計り知れないと、
それがコップなのか、井戸ほど深いのか、まだ分からんだろうが、
いつかいっぱいになって、入りきらなくて、あぶれてしまうよ。
それで、物欲にキリはあっても、都会は狭い。
狭い中でおしくらまんじゅうで、みんなが物欲を満たすのは無理。
それをね、人の欲に限りが無いというのは、お説法だよ。
いらないと思います。

広告を非表示にする