傷跡というと

ミラディンの傷跡というカードゲームのセットがあります。
それを傷跡と略して言うと、なんだか昔あったエッチゲーム風。
友達の家で遊んでヒロインがハサミで自殺して心の傷になったな。
それはさておき、ミラディンの傷跡。

いい歳してMTGを買う事自体が心の傷跡を埋めるため。
子供の頃ビックリマンを買ってもらえなくてツラかった。
高価なオモチャはポイポイ買ってもらった記憶があるけれど、
駄菓子屋でみんな団子になってビックリマン開けてるのに、
超合金のオモチャ片手に遊び友達ができなかったんだなー。
それで、MTGの遊び相手はというと、これもすっかりいない。
初めのころはお金も出すし、ゲームに負けるから、相手がいる。
勝つようになって、相手がいなくなって、買わなくなって終わる。
なんのために、やってたのかって、プレステ買って家で遊ぶと、
これはやっぱり遊び相手なんて見つかりにくいわけです。
プレイメイトというか、ギャンブルの場所代払ってるようなもの。
それで、なにも残らないもんだから、ココロがポッカリ開く。
アラーラの断片の発売記念パーティで青のセット貰ったの。
3位くらいだったか。1、2位なんて審判と組んでズルなのな。
ああ、白のセット欲しかったな。
ヤフオクで2000円くらい出してもいいのにって。
そのへんの事情から積もり積もって、スーパーゼウスを、
じゃなかった、ミラディンの白のエントリーセット買いました。
ええ、優勝商品じゃなくて、白をお金で買ったものなんです。
金のマイアといういかにも優勝な名前のカードも入ってます。
傷跡って箱に書いてあるのが本当に玉にキズでござるな。
それでも、ビックリマンの話で親を責めても、きっと仕方ない。
仲間はずれが仲間の治安に必要なんでしょうな。
僕がビックリマン買いはじめたら、違う事をはじめて、
結局は仲間はずれにされてしまう、そういう仕組みなんだろ。
だから、友達よりもプレステでファイナルファンタジー
13だか14だか出ているらしいけれど、ついてけない。
仲間って、仲間じゃない人が明確でないと連帯感が出ない。
戦争と一緒ですね。こわいけど、必要な事なんですね。
アップルコンピュータ使ってるから、わかります。