日記を綴る原動力

書くからには、意図がある。
何か伝えたいということもあるし、こころの引っかかりを取り除く、
頭の中で、言葉でものを考えているとき、それを書き出して読む。
文字にして読む事で、辞書で調べたり、順序を変えて整理できる。
じっとしているよりは、文字を打ち込んだ方が将来良くなると、
これの根拠はないけれど、そう信じて机に向かう事もある。

それでも、これといった種もなしに、赤裸々に私情を語るのも限界。