二ノ国の店頭デモに見入る

DSソフト「二ノ国」が気になっています。
スタジオジブリで絵を描いているという事で、アニメがあたたかい。
「魔法指南書マジックマスター」という本が付いていて、読みたい。
けれどね、5800円もポンと出せないのよ。
モンハンも買う時に相当迷って、PS2の初代モンハン買った時、
恐竜を倒して皮を剥ぐ時に、なんか恐竜と少しズレた場所に屈んで、
草原にナイフを突きつけて「肉が取れました!」とか出たわけよ。
もう、ダマされた、バグだらけの製品に7000円も出してもうた、
カプコンも大企業になって品質管理の甘い外出しの仕事をしとる!
そういうふうに、思ったね。その経験から、PSPも警戒してた。
モンハンなんてつまらんというと、たまたま居合わせた取引先の、
それも重役の方が、
「つまらんと触れ回るのは、だいたい欲しいけど持ってない人だ」
と、そういう話をした。
それはみっともないので、PSPもダマされたと思って買う。
ダマされたと思って何度も遊ぶうちに、面白さもわかるというもの。
買っていきなりつまらないと思った人は、それはこちらも同じです。
二ノ国はおもしろそうでもあるし、つまらなそうな部分もある。
大作で多人数制作になるほど、作りのムラが出てくるとは思います。
デパートのおもちゃ売り場に二ノ国の店頭デモが流れていました。
ディスプレイの前でオープニングから長澤まさみまで見ました。
麻衣さんの歌も聴けるしデモだけでも結構満足できるなって。
欲しいけど買えないというモノがある暮らしも悪くない暮らしどす。

二ノ国 漆黒の魔導士(魔法指南書 マジックマスター 同梱)

二ノ国 漆黒の魔導士(魔法指南書 マジックマスター 同梱)