変わらない毎日を

1日に満足していて、明日も同じような日が続くと良いと願う。
多少の不満に目をつぶればだいたい毎日が満足のいく暮らしだ。

昼食は毎日マクドナルド。
持ち帰りの紙袋が折り畳んだ状態で段ボール1箱分になった。
夕食の時には缶1本の発泡酒
タバコは値上げの頃に買わなくなって、今は吸っていない。
サラリーマンをしている時は毎日働かなくて良くなる方法を考えた。
年収が多くなれば暮らしはきっと楽になるとがむしゃらに働いた。
そんなにがむしゃらにならなくとも、食費以外はどんどん切り詰める。
たったそれだけで必要な仕事はどんどん少なくなっていく。
がむしゃらに稼いで、忙しいことを理由に投げるようにお金を使った。
何にそんなに使ったのか、その頃稼いだお金は手元に全く残っていない。
レシートを残して家計簿をつけて、毎月の支出をグラフにして計る。
いまからもう一度サラリーマンをするならこうするという理想がある。
そうは考えても今の暮らしからネクタイをして冷房を効かすような、
なんだか見栄えだけで賢くないようなビジネスというやつに戻れない。
このところは、おこづかいをあんまり使えない。
多少の不満に目をつぶればだいたい毎日が満足のいく暮らしだ。