神大病院でiPad活躍

神戸大学付属病院の外科手術でiPadが活用されて大活躍であると。
関西テレビのニュースアンカーでやってたネタであります。
ネットの新聞サイトでニュースを仕入れていても情報が偏りますな。
テレビも新聞もニュースサイトもそれぞれ指向が違ってる。
iPadを使った手術のシミュレーションは見た目にも画期的で、
自分が関わっていたレセコンは会計の待ち合い時間の短縮など、
役に立つ方面が全然違うところにあって花形は羨ましく見えます。
(出来上がりは花形でも3Dプリンタの開発など修羅道だろうけど)
骨格や臓器を3DデータにしてiPadで自在に拡大して診てもらうと、
レントゲン写真なら何百枚とかかるものがiPad1台で片付くようです。
寝台の横までiPadを持って行って患者さんにも内蔵を観てもらうなど、
iPadの携帯性ならではの活躍もあるようです。
テレビで見たまんまを文章にしています。
土曜夜10時のビートたけしと安住アナが出てる1週間ニュース、
ああいうのネットでも1週間の情報がまとめて読めると便利なのにな。
(1週間ニュースになると大学病院の話は出ないのかもしれないけど)

広告を非表示にする