あこがれのギター

ギターをするならいつか買いたいと思っているギターがある。
中古の楽器屋さんで見つけたオレンジ色のギター。
GRETSCH(グレッチ)というメーカーだ。
中古で14万円の値段がついていて、それだけでも良く覚えている。
あとから分かった事だけれど、バイオリンに似せて作ってあるので、
なんとなく初めて見た時にすでに愛着のあるような印象だった。
それで、じっと見ていると、お店のおっちゃんが弾かせてくれた。
店の奥に連れて行かれるのかと思ったら、なんと店の入り口へ。
店の外まで響きそうなところでアンプを繋いでチューンして、
椅子まで置いてもらってカントリーのようなコードを鳴らしてみた。
「おお、このギターはニール・ヤングなんかも使ったんやで」
などとセールストークを交えながら店のおっちゃんも弾いてくれた。
洋楽で知らなかったけど井上陽水の「傘が無い」も同じ出だしらしい。
そんなことを思い出してグレッチのホームページを見ると、
なんと新品なら4000ドル以上する(つまり円高の今も30万する)
そういうモノを触らせてもらったんだと感心したのであります。

広告を非表示にする