高い通信料

昨日京都の面談に行ったおり年配の元技術者の営業の方と話しました。
家族全員でiPhoneを契約して高い通信料を子供のために払っていると、
子供にも最先端のものに触れさせている事がご自慢のようでした。
しかし高い通信料というのが気持ちに引っかかるキーワードで、
パケット代は絶対に定額プランのはずだから何に使っているかと。
モバゲーでもやってるんなら、お父様の努力は甲斐無しと思うわけです。
話は変わりますが、ロザン宇治原そっくりな技術者さんがいたりして、
なるほど京都だけに、この人それで仕事増えてるよなと思いました。
また、京都の町家風オフィスというものを見て回って、
マーノソウルならびに空堀ノスタのことを思い出しました。
空堀ノスタは京都の商売をそのまま大阪に移植してきて、
お客さんが酔っぱらって従業員の女の子にちょっかいを出し、
静かな雰囲気や建物の木材の質感などは本題とならずに、
どんな女子がシフトで入っているか、
電話番号を簡単に教えてくれるかに興味がいってしまい、
たくさんの問題を抱えたまま閉店に追い込まれたのだなと。
もなみハンバーグの店長は神戸の商売を大阪に持って来て良くやってる。
また、題目の通信料とは関係のない話になってまいりました。
素数の計算はプログラムを修正して計算をやりなおし、
11時45分現在で20時間経過して3400万台を計算中。

広告を非表示にする