このブログはフィクションです

なんといいますか、ゆるやかに現実を投影していますが、
まったく創作の要素の無い話で自伝的な記録を綴るのも困難です。
フィクションかノンフィクションかという境目に話半分といいます。
ノンフィクションは話し手の姿勢ですが、話半分は受け手の姿勢です。
ちょっと難しい言葉で針小棒大というものもあります。
針の洋に細く小さな話を棒のように語る。
ウソではないでも、大げさ、まぎらわしいの類です。
このブログも、まったくのウソや作り話とは言いませんが、
読む方は話半分だと思ってもらった方が入りやすいでしょう。