麻雀

就職してから10年以上仕事とプライベートには壁がありました。
バイト時代はメンバーと遊ぶことはあったけれど、会社勤めして、
派遣社員と正社員の壁みたいなものがそのまま付き合いの壁になって、
仕事で一緒になってもゴハンを食べるくらいまでの付き合いで、
休日を一緒に過ごすようなことは数えるほどしかありませんでした。
ゲーマーだったから趣味が合わないというのもあったのかも。
フリーランサーになって某大手企業の下請けを始めてから数ヶ月、
ここでは幅広いつながりが出来てきて会社帰りに麻雀をすることに。
今日がその最初の日で、定時から終電まで5時間ほど打ちました。
面白いとも牌を見るのも嫌なほど2度と打ちたくないとも、
帰りの電車の中で感想が2転3転するような文章にまとめにくい感じ。
麻雀の役の点数ではそんなに負けていないのに、焼き鳥と馬で負け。
15000円ほど払うことになりました。今思っても悔しい。
1000点50円なので箱でも1500円ほどだと思っていたものに、
なんだかルールでダマされたと言うのがつまらなかった理由のひとつ。
面白かったのは、コンピュータとやるより相手がずっと強いこと。
頭の普段使わない部分を開発しているような面白さといいますか。
実物の牌で四暗刻なんて初めて見ただとか。
麻雀をしたことをメモしておこうと思ったのに色々長くなっちゃった。
20卓もある雀荘がはじめてで、それもちょっとした興奮でした。
賭け無しでも麻雀が面白いと思うので、レートは低い方が好き。
そのへんネットで言わずにルール決めで押し通せないのが弱いな。
ナシナシで赤ドラなんかも入れずに1000点50円くらいでって、
言ってたんだけど皆麻雀より賭けが好きで聞いてくれない雰囲気。
昔は自分もそうだった。麻雀なんて賭けないと面白くないと思ってた。
それはゲームが好きなんじゃなくてギャンブルが好きなんだってね。
それにしても15000円は高いよ。

広告を非表示にする