経験者への入り口

震災から1年。
同じ国にいながら遠くに感じる出来事をテレビで連日見てきました。
ひとまとまりに感想を書くには事が大きすぎて何から取りかかるか。
個人的にはコンビニの募金箱にわずかばかりの小銭を出した事。
小銭のついでにお金の話を少しします。
仕事の守秘義務というものは契約満了すると効力が無くなるらしく、
これまでの仕事の話を少しずつでも綴ろうかと思っています。
先日までの案件は元請けには55万円ほど支払われた契約金が、
手元に来た時には諸経費全て込みで33万円。
その差額の22万円がどこにいったか、地震とは土俵の全く違う話で、
それは働いた事に対する対価であるべきなのに中間搾取されていて、
新人の頃はプログラムの単価も相場がハッキリしていない状態で、
お客さんは70万出しているのに会社員の自分には17万の給料のみ。
そのへんの事情からすると25%しかもらっていなかったものが
60%以上貰えるようになったのは前進していると言えます。
それでも4割もどこで何に使われているのか考えると馬鹿らしい。
仲介手数料としても業種は違いますが不動産で5%くらいのもの。
4割も取られていると、これは騙されているとしか言いようが無い。
ネットの求人が全部そんな案件ばかりが並んでいるように見えます。
実務経験者のみの募集で就職しないと実務経験はつかない。
ではどうして未経験者が職に就けるのか考えると、これは狭き門です。
私の場合は幸いにして未経験からアルバイトの仕事に就けました。
それでなんとか就職しても中間搾取される量が大きい。
少しずつプログラムの単価は国外との競争で価格が適性に近づき、
労働者の賃金は見直されて、中間業者は確実に痩せてきています。
取られるのが嫌なら自分で起業して社長になるしかない。
これはホリエモンの言葉で彼は逮捕されてしまいましたが、
言っている事が正論なのは今でも変わらりません。
労働者の賃金が見直されたというのは必ずしも上がったわけではなく、
プログラムの専門性に合わせて上がったりも下がったりもしています。
元請けさんからの単価を聞かずに9割くらいは貰っているのかと、
そう思って賃金分くらいの仕事はして返したつもりではいます。
しかし、4割取られているとなるとこれは私の賃金が安いわけでなく、
元請けさんの払い過ぎになっているのように思います。
なぜなら、もう4割り出すからその分働けと言う風に出られたとして、
そんなことをすると体を壊してしまう事は目に見えているからです。
中間業者にはこちらに無理がこないように値段分立ち回ってほしい。
プログラムに22万円の付加価値を付けるのがどういう仕事なのか。
ただの詐欺でない事を祈ります。
祈るだけでは弱いでしょうか。