書籍代として

大人の科学電子ブロックmini
書籍代として家計簿に計上したけれど実質上おもちゃの購入。
生まれる前の学研の付録だったりするので懐かしい感はなし。
はじめてのマイコンがウインドウズ98とかいう世代なので、
(親父の仕事の都合でシャープMZやX68触った事はある)
パソコンと言うとプログラムを組むものと言う発想すら怪しい。
しかし遠藤雅伸さんのようなプログラマに対する憧れはあって、
はじめてのコンパイラマイクロソフトのVC6という地獄。
VBのほうは何か子供騙しを食らっているようで嫌だでした。
(いまではVBも大好きになりました。順応ってすごい)
そんなもので猛勉強のスタートダッシュから日々緩やかな降下。
VCとオラクルの案件なんか見るとアクセスでええやんかと。
開発ツールはだんだん近代化が進んで(元が時代遅れだから)
しかし足場を固めるために電子ブロックで回路でも勉強と。
ほかにも工学の本を1冊買いました(高額の本は学研のほう)
ネットで済む知識と言うのも種類によっては言えるんだけれど、
良書に触れるとやっぱネットの情報とは密度が違うと思います。
このへん英語圏だとそう言えないという事情の違いもあります。