ロックギターが弾ける本

こんな本でギターが弾けるようになったら世話が無いというものです。
若い時に大事なお金をその大事さもわからず使ってしまった。
GLAYのBELVEDのタブ符が載っているんですよね。
それに釣られた。
本を買ってからギターを本格的に練習はじめるまで随分かかりました。
今は曲を色々知っていてレベルに合わせて弾けそうなのを練習します。
だけどよ、憧れの曲があるってのはモチベーション維持に重要だぜ?
まだまだBELOVEDには遠いと感じていますがギターソロはそろそろ。
冗談ではなくて、ホントにそろそろ練習を今日からはじめました。
Aマイナーペンタトニックスケールを超勉強法で丸暗記。
4フレットより下のフレット触った事がないというレベルですが、
まあ、来年までには何とかなってるんじゃないかな。
先々まで準備をしていたおかげでレベルが上がると応じた本がある。
ピアノなんてバイエル初級程度なのに譜面はツェルニーまであるぜ?
そういう奴なんです、俺って。
人差し指と薬指の間が広くなるほど練習せんとダメらしいです。