ターニングポイント

エレファントカシマシの今宵の月のようにを弾いてみました。

思えば何でギター始めたかもう忘れてただ日課になっている。
坂本龍一小室哲哉浅倉大介に憧れていたはずだって。
キーボード練習してるなら分かるが何がどう変わってギターなんだろ。
小学校の頃はTMみて誰が何かわからないで木根さんに憧れた。
ギターって格好良い。
それが歳食うと、いきものがかり見ても隣の二人は弾いてないだろって。
なんかミスチルまでドラム以外エアギターじゃないかと思えてくる。
今の俺はまだまだ下手だがエアギターではない。
そんだけの強がりなんです。
音楽は好きだけどジャンルとしてバンドサウンドが1番かというと違う。
木根さんも知らない間にキーボードを弾くようになったらしい。
何でも良いんだけどね。
なかなか上達しないからもどかしくって辛くって。
いっそやめたろかとも思ってます。
ソロギターまで来るとギター初心者は卒業らしいです。
では中級者かというとまだ基礎が甘いようにも思う。
揺れ動いてる気持ちのどれかが本心で残りウソかというとそうでもなく、
ターニングポイントって言葉がポンと浮かんだわけです。
15歳じゃないからな。
良い歳してこの腕はどうだろって思ってしまうのよ。
TMの新曲"I am"にはソロギターのフレーズがあります。
LUNA SEAが23分のシングル出すらしいね。
ファンのままで音楽を聴く側で楽しむのは気楽で素晴らしいね。