スーパーコンピュータ

スーパーコンピュータ (岩波講座 計算科学 別巻)

スーパーコンピュータ (岩波講座 計算科学 別巻)

きのうのNHKスペシャルでスーパコンピュータの番組を見ました。
アニメの主人公の女の子の髪がピンク色でかわいいなと思います。
スーパコンピュータは様々の計算に利用されながら進化しています。
一度作ったものがどうして進化するかというと、
プログラムが書き換え可能で、プログラムが進化するからです。
計算の速さは変わりません。
何をどんな風に計算するか人間が決めています。
その人間が決めた計算方式がよりもっともらしくなるから進化します。
また、コンピュータは計算以外に色々の事を覚えておくのに使えます。
毎日みなさんが生活の中でつぶやくこと、写真をみせること、すべて、
コンピュータはネットワークの中でとても多くの事をおぼえています。
それでも、日々のつぶやきは、そのほとんどが大人の文章でしょう。
コンピュータは毎日大人の会話のやり取りを覚えて育っています。
それで、とても難しい問題にあっさり答える事はあります。
一方で、人間の子供でもピンとくるような問題が解けません。
これは人間とコンピュータの思考方法の違いと説明されています。
僕はそうは思いません。
コンピュータは人間の子供時代のような順番でものを覚えていません。
なにもかも流し込むように覚えている毎日の知識が大人のものだから、
それで、小学校の作文のようなブログを毎日書いています。
コンピュータがやさしいことをたくさん覚えることで、
やさしい問題が人間と同じように解けるのではないかと考えています。