カルドセプトじゃー

カルドセプト

カルドセプト

ブログのネタも何も、カルドセプトしかやっていません。
ニンジャのレアリティがレアからストレンジに変更されて、
つまりは手に入りやすくなりました。うれしい。
DS版は50時間くらい遊んでニンジャが1枚も無かった。
全部4枚にするには普通のストーリーモードでなく、
特殊な設定の4人戦でゲーム時間が短くなるようにして、
それでコンピュータを黙々と倒し続けないといけない。
邪道と思われるかもしれないけれど、それが現実的です。
カードを集める方法として、マジックギャザリングには、
ブースタードラフトと言う遊び方があって好きです。
未開封のパックを1人2つか3つ持ち寄って、開けます。
開けて出てきたカードから好きなものを1枚だけ取って、
集まったものが輪になるように座った時計回りに渡します。
ぐるぐるカードを渡してまわして、手元に残ったカードが
その人のデッキということになります。
運の要素も強いのですが、何を優先して取って行くか、
戦略性も問われる遊び方で、カードも楽しく集められます。
この遊び方は1人千円かかるので、DSでできたらな。
デッキを持ち寄って遊ぶ時には使われないような、
いわゆる死にカードの活躍の場にもなるんですよね。
ただし、何度も言うようにクソゲーなので期待しないように。