SNSとリア充

HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン (機動戦士ガンダム)

HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン (機動戦士ガンダム)

先日に甥っ子が壊してしまったガンキャノンのプラモデルを、
親父(甥からすると爺さん)がラジコン工具で修理してくれました。
親父のラジコンのアンテナが折れたときは僕も修理を手伝いました。
SNSを見てると更新がまめな人、大抵は幸せそうに映ります。
たとえ愚痴をこぼしていても孤独に比べると贅沢な悩みだったりね。
僕も毎日このノンポリのブログを書いていて、どう映っているか、
それは分からないんだけど、過去の嫌な事を引きずりながら、
現状は家族みなさんそこそこ幸せなんじゃないかと思います。
子供の頃親は忙しくてかまってくれなかったし、
夕食になると皆集まるけれど晩酌になって酔っぱらいの相手。
明るい家族の会話みたいなのは無くて、酔っぱらいの支離滅裂の話。
子供ながらに変に難しい本を読んで頭の中はぐちゃぐちゃ。
それでも、とにかく自殺しないで生きてきたんだ。それだけで充分。
父親も仕事はしてくれたし母親も料理は作ってくれた。それで充分。
まだ嫁も子供もいないので共感出来ないところは色々とあります。
ときどきは嫌な事もある、嫌な事があると昔の嫌な事がぶりかえす。
そうやって、いいことイヤな事ぜんぶ総計して天秤でなんぼか、
そういうことは考えない方がいいんだろうなって思う。
何とも思わない日常が至上のプラス評価だって思うんです。