言いたいことを言います

改訂新版 Cプログラミング診断室

改訂新版 Cプログラミング診断室

ちょっと古い本なのですがCプログラム診断室。
この本の余録やあとがきを読んでいくと、執筆当時の業界が垣間見えます。
忙しそうにプログラムを組む技術者がいて、忙しいので人事から人が来る。
しかし、雇われた素人には仕事が無く、書類の整理など任されています。
そういう状況でプログラマが腕を鼻にかけて素人を軽蔑している文体です。


ここから20年で業界の姿はずいぶん変わったのではないでしょうか。
プログラマはコンピュータ操作の仕事に専念して上層部は専門性が無い、
そこの間に入った雑用係とて知恵が働かないわけではなく、
プログラムが分らなくとも上層部を上手にダマして立ち位置を確保し、
やがてプログラムの仕様は本の冒頭での雑用係の言いなりになっている。


職業がプログラマーだと言うと「いまの時代プログラマーなんていない」
「SE(エスイー)と言うのよ」などと近所の奥様方が立ち話しています。
エスイーとはシステムエンジニアの略称で、とても高度な仕事です。
たとえばレントゲンにコンピュータ制御を働かせて自動で撮影する機械、
そういう一貫性のシステムを設計するのがシステムエンジニアです。
これは本来的な意味でそうであったという話です。


いまエスイーと言いますとエクセルで書類を作る人のイメージでしょう。
あるいはビジュアルベーシックというソフトで簡単なプログラムを作る人。
そう言う人をSEと呼んで企業間で人身売買をしている今の状況は、
簡単に言うと詐欺の温床です。
システムを作るのにSEを会社に招いて放っておくと何かが出来る、
かつてはそうだったのかもしれません。
それが、やがて設計能力の無い人材の売り買いが行われて、
見積もりは労働者人月で頭数しか数えていませんから、
(メーカー名くらいは見ているようですが)
どばっと人を集めて放っておいて何も出来上がらずに破綻しています。


学生が立ち上げたベンチャー企業が活躍する中で大手のメーカが破綻する。
シャープなんかもリストラしておいて破綻して中国との合併の話がでて、
そのときにはテレビを見ていて「ざまあみろ」と正直に思いました。


そんな中、自分で何が出来るか考えてみると、僕自身はプログラマで、
コンピュータソフトに関してはプロの自覚があります。
しかしシステムエンジニアと名乗ってみても、パソコンソフト専門で、
専用機を作る機械設計の技術は持っていないわけです。
これでエスイーといって企業からお金を取るのは詐欺の片棒担ぎです。


機械設計が出来る人がコンピュータの細部設計をソフトの専門家に任す、
そういうことを真似して、パソコンソフトを技術者に作らせるのが詐欺。
はっきり言ってパソコンソフトを作るくらいのことに中間管理職は不要で、
これはプログラマに長けた職人さんが1人いれば出来るようなことを、
会社をあげて大人数で旗ふりをはじめて身が無い話を進めているんです。


シャープのリストラも偽設計者を残して技術者を切っていますから、
それはソフト面で負けていって潰れて当然だろうなと見ていて思いました。
テレビの番組表などのリモコン画面がずっと使いにくいまま同じ状態で、
しかし新機種のたびに予算は大量に食いつぶされているんですから。


そんな組織にいてもお給料はもらえるから、座りにいきたいとも思います。
その椅子に座って定年退職まで会社が無事なら、それでもいいなと思います。
それが現実には競争して勝たないと食っていけない。
なんらかの腕は磨いておいたほうが後のためになるだろうと、勉強してます。
作っているのはパソコンや電話で動くゲームです。
ゲーム作りとシステムや家電では少し違ってもプログラムは似ています。


在社時代にゲーム会社を紹介して下さった営業マンの方にメールしました。
作ったゲームをマニアの間で遊ぶだけでなく商用にならないか見てほしい。
「帰宅してからゲーム好きの息子にやらせてみました
 1面のボスが強すぎると言っています」
返事をもらいました。
シャープが潰れて「ざまあみろ」と言いつつも子供の頃は好きなメーカで、
X68000グラディウスを遊んで感動したことがあります。
パソコンは使いこなせなくてもゲームくらいは遊ぶわけで、
自分がそうだったように、どこかの息子さんも遊んでくれている。


世の中思い通りにならないことも多いですけど、
まだ世捨て人的になるのは早いかもしれないなと溜飲が下りました。
「溜飲が下りる」というのは言ってスッキリすることがと思いましたが、
これ、辞書で引くと「おえっ」と戻しかけたものをもう一度飲み込む、
ちょっと出しちゃったけど、まあ、意味は通じるかなという括りです。

広告を非表示にする