34歳からハッカーを目指して

Bugハンター日記

Bugハンター日記

今日も丁寧語を抜きで僕の音楽関係の略歴を。


幼少の頃からテレビに出てくる歌手が好きで何となく憧れていたけれど、
とくに楽器を猛特訓するでなくウォークマンを聴いて鼻歌を歌うくらいの、
平凡なのか底辺なのかわからないが、そういう10代を過ごしていた。


そんな生活の中で音楽家の本など読むと
「幼少の頃からクラシックをたしなみ、高校でギターと出会って作詞作曲」
というような筋書きの人がゴロゴロいるのが目にとまる。
ミニ四駆ファミコンをたしなみ、中学でストリートファイターに出会う」
なんてクソなんだ僕のプロフィールは、と思いながらiPodを買った。


iPodを買った僕はすぐにDJの友達が出来て端からCDを借りてiPodに入れる。
そして25歳くらいだったか、今からでもクラシックをたしなもうと決意。
iPodモーツァルトを全曲入れて移動中はとにかくそれを聴いた。
音楽理論の本をなんでもいいから手に取って読んでみた。
(しかしこの頃にはまだ楽器をほとんど何も出来ない)


それから僕はそのとき勤めて支店長まで出世した会社をクビになり。
実家に帰ってローンの返済を親父に手伝ってもらいながら引きこもる。
そこでネットを始めたすぐにヤフオクで買って放ったらかしのシンセ、
カシオSK-1を発掘する。
色々の持ち物はほとんど質に入れて借金返済の足しにしたので、
ここでピアノ(といっても電子で小型で安物だが)と向き合う。
ひたすら練習した。


家の手伝いから派遣プログラマに職を変えた僕は借金を完済して、
ついに憧れのMacを購入。(iPodWindowsiTunesで使っていた)
MacBookProを購入した直後にiPadが発表され少し凹む。
なぜなら絵描きも夢として描いていたのでタッチパネル式は便利そうだ。
MacBookには音楽ソフトは無くPhotoshopiLife(Pages目当て)を入れた。


時系列が多少ちぐはぐかも知れないが初音ミクにひと目惚れして購入。
Macを買ったばかりなのでWindows用の初音ミクは観賞用となる。
(フィギアもUFOキャッチャーで捕まえた)


借金が無いので怖いものは無い。派遣の給料だがシンセサイザを買う。
Roland JONO Di で小室哲哉さんの持ってるのの廉価版という位置づけ。
これで何か弾きたいところだがカシオSK-1と手触りが違いすぎて苦しむ。
ファイナルファンタジーの曲なんかを思い出してMacで動画にする。


ディアゴスティーニの「音楽家になろう!」みたいな雑誌を1冊だけ取る。
そこから金を渋って音楽関係のフリーウェアを検索しまくって端から試す。
DTMマガジンを何冊か取ってみた。
この時のマシンは初音ミク用に買ったWindowsのノート型。スペックぎり。


何を思ったのかエレキギターを買う。
ピアノ動画が自分のイメージに合わずミュージシャンならギターだろという。
決してギターの音に惚れたわけでもなし。
またピアノは簡単だったがギターは難しい。


ある日DTMマガジンのバックナンバーからMacで作曲するコーナーを見つける。
なんか知らんがそれを読みつつ画面を操作していると曲が浮かんで、
最初のほうは雑誌の通りに打ち込みつつ、途中から作曲に入って1曲出来る。
出来た曲をOKMusicという音楽ソーシャルサイトで公開し始める。


こうして書くと長いけれど、起点になったのはiPodで色々の曲を聴きまくる、
幼少からクラシックのたしなみがなくとも25歳からでもやろうという姿勢が良かった。
音楽家として決して何か成したという事もないけれど、ひとまずのアマ作曲家。
プログラマとして音楽関連のソフトにいくつかの得意分野があるのも強みになった。


そう、そしてこの25歳からでもクラシックと言う意気込みに通じるのが今日の本題。
やっとだ。
アメリカの天才プログラマーと言うとやはり幼少からハッカーとして有名だったりする。
日本のゲームプログラマーは中学でBASICに出会い電通大から会社を興すが、
34歳でenchant.jsのゲームを作って次は何をしようとなった時に、
やはりハッカー出身の経歴になぞらえて、今からハッカーを始めたら50歳でどうなる。
先ずは近所の南都銀行をハッキングしようとネットワークプロトコルの勉強をはじめた。
ホントにやったら逮捕されるが、知識や経験として銀行ハックは必要だと思うのだ。


ロングバケーションの再放送を見て、山口智子の南ちゃんがカワイイ(今では年下)
そして当時は感情移入できなかった瀬名がピアノを弾ける今ではとても愛しい。
10年、20年経ったあとにリッチマン・プアウーマンが再放送されたらどう見るか。
銀行ハッキングからITエリートになって小栗旬の日向徹をもっと近くに投影できたらな。


と、まあ半分本気で半分冗談みたいな話なんですけど、銀行ハッキングを考えると、
自分がエンジニアとしてどういう分野に弱点があるか強みは何かとか見えるものがね、
あるわけですよ。