歌が下手になった


歌が下手になった。練習していないとかタバコを吸うからとか。
思い当たる節で一番怖いのがカラオケで上手な気がしていてだけで、
録音しておいて今から聴いたら下手だったのかもしれないという筋。
録画をそのまま試聴するのとYouTubeで圧縮されたのと比べると、
圧縮で音質はだいぶ落ちてる。それでも上手な人もいるので、
上手な人が原版にデコードされたようなのを聴くともっと上手かも。


テレビで取り置きの音楽番組を見てなんか演奏に気持ち悪くなった。
なんか演奏の楽器ひとつひとつの音とボーカルが頭の中で分離して、
すごく下手な人がやっているような錯覚をする。
時々ある。時々音楽を思い出しながら編曲を妄想するときがある。
音楽的妄想癖は昔から持病のように持っているが近ごろは手段が具体的。


文章なんかも自分でワープロ打つようになると、
始めからウソが見えてる小説のようなものは全く読まなくなった。
本よりおやつや缶コーヒーを買ったほうが得だと考えている。
片方しか買えないならね。
そして本より先におもちゃだ。