初音ミク&GarageBand


Mac初音ミクを使える怪しいアプリがあるようです。
あるようですってか入れて使ってますが。


作詞作曲ならSingerSongWritterがソフトの名実共にいいのですが、
現状編曲が胆の仕事になっておりますのでGarageBandがいいです。
ジャンプ力が上がっていないのにハードルばかり高くなる日々です。


プログラマってヤツはどうしてもユーザーの裏方の域をでないから、
どこかで芸術や創作への窓口を持ってプログラムは完成品を使って
絵や音楽やもっというと映像作品を展開しないとなって思います。
学生時代は夏休みに学園祭の絵を書いたり、実習室のパソコンで
ピラミッドの中で罠をかいくぐって宝を取るCGアニメを作ったり、
なんか無償で創造的なことに打ち込んでいたように思い出すのです。
システムプログラムよりも画面やスピーカで直接楽しめるカタチに、
何かを打ち出して行かなきゃならんとも思い始めてます。
(ここ、自分でハードルだけ上げちゃってるポイントな)


だからブログの更新はほどほどにして、音楽と向き合います。
だけどグロッキー。ブログは休まる。音楽は疲れるんだよー。
音楽雑誌読んでCD聴いて訳知り顔で女の子とバンドの話をする、
それが消費行動として楽しいことは分かりきってるんですが。
初音ミクのクリエイターだプロデューサーだ言ってもモテない。
それを何故やるか。


なんでなんだろうね。


ひきこもると生活の主戦場がネットになるから、ロックスターより、
2ちゃんねるニコニコ動画の星になりたいって深層心理じゃろか。