読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかなか書けない

ブログを書くのも何も先行きを考えないで行くなら筆は進みますが、
あれよね、自分のことを書くにも自慢になるか自虐になるかという、
書き方のバランス感覚が備わっていないと、どんどん虚像が膨らむ。


何か書くにしてもくだらない話ばかりしてると時間の密度が低いし、
大事な話は誰が読むとも知れないブログに不用意に書くのもダメで、
そういう暴露系みたいな割り切り方してるとリアルが荒むものだし。


ギターのチューニングしてDTM関係の整理をして他人の音楽聴いて、
それぞれ音楽と言う大枠の縛りで共通してるけど離れた点の情報で、
これが繋がってひとつの大きなものになるのは夢だけどいつなのか。
ゲーム作るってのもパソコン買ってから10年の遠回りだったなと。
音楽も子供の頃から憧れて本腰入れたの30歳過ぎてからだからな。
並大抵じゃ覆せないけどやってること1日10分ギター触るだけで、
DTMだと高価なソフト使うと簡単に出来たような気になるんだけど、
これモデラ買ったら誰でも絵が上手くなった錯覚するのと同じだな。
サウンドプログラマーの良いお客さんになってるだけという。
それでも良いと言えば良い。カラオケ感覚のスーパースターよりも。


ファイナルファンタジーXIが出る頃に仕事で一緒だったSEさんが、
「僕は白魔導士になろうと思うんです回復は需要絶対にあるから」
言ってて、せっかくゲームするのに自分が主役取らなくていいのと、
その価値観がよくわからんなネットゲーってやつはよ、思ったけど、
なんか近ごろは音楽にしても「サイドのエレキでいいです」という、
年取るとそんなもんなんですかね。