ピアノ部屋を作ろう


いつも物置のようなパソコン部屋に籠っているのですが、
うちは多い時は7人家族でそれぞれの部屋があったので、
仏さんになった人嫁に行った人などの荷物が全部そのまま、
これを片付けたら広いとまでは行かなくても部屋の多い、
お屋敷であった頃に戻せるのではと気付いたのです。
気付きとは過ぎてしまうと当たり前のことなのですが。


ビフォーアフターのビフォアーを写真に収めておきました。
1日1%片付けたら3ヶ月で90%片付くと言う見込みで、
メガドライブ2の空き箱やらXBOXの箱は持つと中身入りで、
ファミコンソフト300本の箱と説明書を入れた段ボール、
こいつらヤフオクで売り出しても売れるの待ってたら、
きっと人生中古ゲーム屋で終わるな、名残惜しいが捨てるか、
どうしようか迷いながら1%だけ片付けよう、そうしよう、
ホビージャパンのバックナンバーは弟のものだから連絡、
弟は東京に引っ越してもう3年くらい音信不通だからな、
雑誌くらい捨てても怒らないだろうとは思うけど、
東京行ってはじめて返ってきた日はVHSのビデオラック、
テープの置き場所が変わってただけでエラく不機嫌だったな。


と、まあ、そんなことで時間が少しずつ過ぎて行くわけです。
ピアノが弾けるのも夢だけど家族がそれぞれ好きなことをして、
一緒に生活していた頃も素敵な日々だったと記憶を美化します。
たとえばトイレは3つあって、そうしないとケンカになるから。
お風呂はひとつなので、お風呂の順番とかはモメたな。
テレビの番組の順番とお風呂の順番でケンカになるんですよ。
それも今はHDDレコーダーがあるしLEDアクオスも安いのに。


さあ、何が書きたいんでしょうか。ライフログの過去ログです。
捨てる前に覚えている限り写真や文章でもログ置いとこうとね。
XBOXの無印黒本体なんてのもゲーム仲間との思い出とかあるし、
スーファミCPSファイターなんかはトロフィーの代わりなんだ。
でもなあ、居間のおじいちゃんのトロフィーとかもうガラクタだ。
結局その人が生きて残っていたり覚えてる人がいないと意味ねえ。
戦前の祖先の墓石なんかも傷みがひどくて、まあそんなもんだ。


人生半分くらい過ぎると思い出にひたり続けてもう半分で終わる。
そこはもう少し頑張って良い思い出だけ振り返って終わろう。
きっとそれくらいのバランス感覚でいいんだ。