将棋ウォーズ12級


iPadアプリの将棋ウォーズを始めました。写真はわかりにくいかもだけどiPadのタッチパネルに付いた将棋の盤の形の指紋。


iPhone版は指が太いので指し違いをするため、1勝1敗で放っていたのですがiPad版は安定の差し心地です。30級から1日で12級まで昇進。ひとまずの目標は初段。5段までをその先の目標に見込んでいます。勝率から見る推定段位というのがあって、勝率3割で見込み4級くらいの段位(級位)らしいです。初めたすぐは初段推定だったのに、だんだん森田将棋の指し筋しか知らないのがバレてきて3級くらいの段位の相手には勝つのが難しくなってくると言う状況です。


得意戦法は棒銀戦法で得意な囲いは矢倉囲い(それしか手筋を知らない)


将棋ウォーズはiPad用という事で実際の将棋よりお金持ち向け、有閑階級向けという事で奨励会の段位より少し厳しいらしいです。まあ、母体が少ないから山も低いと言う(山が低いと言っても人数の山であって棋力のほどは測りかねます)


調子乗りなので、ちょっと勝つと5段くらいまで楽勝じゃないかと舞い上がっています。その様子からギターの道は諦めて将棋を趣味にするといいんじゃないかと言われています。あれね、何もかもは出来ないですよ。それでも諦めろと言われると、またギターを抱えてメカニカルトレーニングをやってみたりして。


2、3日開くとまた指が開かなかったりして、これ持論と言うか常識なんですけど子供の頃に細胞分裂して成長する時に何かを身につけると体がそういう風に成長するもんだから、身につくのだけど、30過ぎて体が組み変わるほど何かに打ち込むのって辛いです。既に何かに慣れた体だから。それは分かっちゃいるけど、やってると体に変化を感じる時というのはあるんですよ。細胞分裂は子供の頃ほど活発でないにしても筋トレしたら筋肉は付くし、お風呂で垢を落とすってことは少なくとも身体の表面の細胞は分裂してるってことだから。中身までは知りませんけど。なんとかなる。


さ、ブログも続けるぞ!故人になりますが作詞家の阿久悠先生は生前5000曲の歌詞を書き綴られたらしいです。だからヒットメーカーと言えど打率は実は悪いんですよ。永六輔先生なんて傍目に全部満塁ホームランみたいな人だから。そうは成れなくても、1日1エントリブログを書いて3年で1000件、5000件なら15年、50歳まで書いてみたら、くだらない中からも何か取り柄のようなものが出来るかもしれないなと、言い放って1050件くらいで辞めるかも知れませんが。


まあ、また気が向いたら覗きに来て下さい。