自画像

けっこう髪型を変えるので、というか自分が気に入っている時は変えたくないし、しかし髪は伸びて切りに行くと散髪屋でも美容室でもなかなか望み通りに切ってくれない。子供の頃はクリボー刈りにされて学校でいじめられるのは髪型のせいではないかと悩み、散髪から帰って鏡を見ると「違う髪型にって言ったのに」といって布団にくるまって泣いた事がある。その床屋はまだ生きているが、人を拷問にかける権利が与えられたら執行してやりたい1人ではある。もう娘が店を継いでいる。娘も女なので悟られにくいが悪いヤツだ。


家の近所に床屋と美容室が向かい合わせで開業して、床屋の方の親父が注文をつけると「そんな難しいの美容室に行け」と言うので美容室に通っていた。しかし美容室が忙しくなり新人のお兄ちゃんがクリボーにしやがった。また床屋に行くと、床屋の親父がどこをどうしてほしいのか根掘り葉掘り尋ねて、その通りにしてくれた。しかし変なので、もう少し切ってもらって、いうなれば「愛は勝つ」カット。ピアノで弾き語りしたくなるぜ。


今日は帰りの電車で窓に映る自分を見て、しばらく草薙・アルフォンス・京に改名しようかと考えた。ジャック・レクトール・ターナーがライバルだぜ!RPGの元祖ウィザードリィの王様トレボーと魔法使いワードナはロバートとアンドリューという2人の制作者の逆さ読みだったらしい。なんでもあんまり元を辿ると立ち消えてしまったかの用に小さな事なのだ。元ネタなど知らない方が素敵な夢に浸れると言うもの。


そんなことよりだ、電車でガラケーの方が鳴ったのでポケットから出すと向かいの座席の爺さんがニタニタとこちらを見たので、カバンからiPhoneを出して二刀流にするとニタニタ顔が引きつって面白かった。しかししばらくすると、その爺さんがカバンからガラケーを出すので、爺さんよ、そんなことは気にしなくて良い。そういうもんだぜ。