七夕らしいことなど

今日は七夕だがそれらしいことなど何も無い。年に一度しか会えない恋人か、そんなすごく好きな特定の人もいなくなった。ちょっと好きな人、気になる人がたくさんいるという幼稚園的な恋愛観がラクなのだ。社会には一夫一妻の結婚制度があるので小学校くらいからそれを理解して準備を進めるように本命彼氏彼女という思想が出来上がって行くのだけれど、自然に近いとそういう束縛は受けないのだ。結婚したくないわけではないけど浮気はやめられない。


ブログを時々しか読まない人、通りすがりの人向けに略歴をダダッと書いた時に、ラグナロクオンライン廃人になったことがスッポリ抜けていた。会社を傾かせてしまったのも仕事そっちのけでゲームに没頭した事だし、実家に帰って起伏が一段落して落ち着いた後もまたラグナ廃人になった。


キーボードショートカットを駆使した変態操作がコマンドコントローラー疑惑やプログラムチート疑惑を生んでいたらしい。職業がIT系というのもそれを後押ししたらしいが、昔から俺を知っているヤツはカプコンのXMENでゲームセンターで変態操作をしているところを目の当たりにしているので、どうしても古い付き合いから抜け出せず、ネトゲで新しい仲間は作れなかった。


ネカマをして、ジャニーズの追っかけと主婦とゲーマーをしている腐女子のまったりサークルにまぜてもらっていた。ゲーマーサークルはゲームに飽きて重箱の隅的な趣味だが、腐女子の人のゲームする時はゲームに一生懸命みたいな姿勢のグループのほうが楽しかった。そしてアカウントを回してゲーム世界を占領しようとするネットゲーマーとゲーム世界で対立構造を持って過ごすのが面白かった。2度目の廃人生活の半年目くらいで枝折りと言う人殺し技を使った戦争が勃発した。俺はそこで辞めたが、5年くらいネトゲ廃人をしてしまって友人関係が完全に崩れたとか、いう話と、主婦をしながらだから子供が小学生に成ってママのパソコンが大嫌いだとか、そんな話も聞いた。男性アカウントの人から結婚を迫られたり、今なら書けるがキャラ名とか晒すと傷つく人が出るかもしれない話もあった。廃人として期間は短いが充分生活が壊れるレベルだった。


ドラクエXでネットゲーが初めて、みたいな友人が何人か生活を壊すくらいまで没頭した話も聞いた。しかし不思議と体を壊した話は聞かない。ネトゲ廃人はみな好きな事をやっているので社会性はなくとも健康面は良かったりする。俺は早々に離脱して社会人として不健康な日々を送っている。