話は色々あるが

自虐も自慢の自分語りばかりしてもアレなので他人の語るに任せたい。


プログラムを外注するのは難しいからではなく面倒だからだという筋の話をする人はよくいるが、たとえばゲーム企画の残業量や資料作成の枚数などを考えると、これもう仕様書書くよりプログラム手伝ったほうが良いだろと思う分量でも、やっぱりプログラムはプログラマに任せる。人の仕事を干してしまわないようにという配慮とも汲み取れるが、やっぱり餅は餅屋かな。


「プログラムはもう懲り懲りだ、今回の仕事が終わったらプログラマなんて辞めよう」とキツイ仕事の度に思うが、プログラム以外の仕事をすると大抵「こんだけやって、このくらいしか貰えないなら、ちょっとプログラムでも書いて・・・」と元に戻る。