ヒトコトの悪口は十人の敵を作る

ヒトコトの悪口は十人の敵を作る。


巧言令色は仁少なしとも。両者を総合すると仁が少なくとも耳ざわりの良い言葉を使って味方を作るほうが賢者。つまり仁に過ぎると弱くなるが真理(仁に過ぎると弱くなるの本来の意味は優しさは隙を生むですが、1対1でなく団体戦も味方への仁が隙を作る局面はあって、こんだけ文章量増やすと冗談が説明になって笑えなくなってしまいます。でもわからない人を作るより笑えないの方が社会貢献。つまり仁。しまった!弱いほうだったか!)


「お前のためを思って言ってやるんだぞ!」という説教よりセールストークのほうが現金になるわけで、一時の恩などは金品の誘惑で簡単に寝返りをされたりするものだから、やはり得を取るべきなんだろう。


ブログを何に使おうか。またバカ話でも読んでくれる人がいるなら、コツコツ書き貯めようか。あとから自分でこんなこと書いたんだな、と読み返す事がだんだんと少なくなってきています。むしろ新しく知り合った人がネットで本名検索してフェイスブックからブログに辿り着き事前情報を知っていて面倒くさい、という事案も。そういう話はすっとぼけてしらばっくれますが。


今の生活がもっと良くなるより、水平飛行出来れば充分に幸福なので、当たり障りの無いブログになって行くと思います。ホビージャパンオスプレイが載っていますね。初音ミクのディフォルメでなく頭身の正しいヤツも。