ガールズバー

京都祇園ガールズバーの出店が増えている。


キャバクラだと接客する女性は礼儀を心得て芝居としてでも男性客と恋仲であるかのように振る舞うのが店のルールで、そのためブランデーの水割りでもそこそこの席料を取って店の経営が成り立っている。


しかしガールズバーは店にもよるが女の子は自分で口説かないといけない。飲み放題で生ビールを2杯ほど飲んで女の子と話をしてみて損したナーと思うこともしばしばある。だけどまあ、キャバクラにどれだけ通ってもモテるようにはならないもので、ただ接客を受けて誤解をしたままなんだろう。ガールズバーに行くのは素人モテを目指すための出会いの場なんじゃないかと。


このあとも頭の中で話は先々まで続くがとても言葉に出せない。俺はガールズバーに行くと自分のモテ度はどのくらいか分かると思う。そのために行く。お金を出すなら接客してもらえるほうが良いと思うなら、もうちょっと高級店に行くべきなんだろう。矛盾だ。