結局はSNK


大阪難波アビオンには今なお餓狼伝説スペシャルの筐体が置かれています。日本橋の買い物客の人が立ち寄って懐かしく遊ばれているわけです。俺が相当入れあげたCAPCOM×SNK2も入っています。カプエス2で大抵のキャラはストZEROの焼き直しですから、みんな遊びたかったのはSNKのキャラだと思うんですよ。しかし稼働当初は全国大会1位しか眼中に無く、ゲームの人気が無くなるほどエグイ対戦をしていました。職業も19の時のようにゲーセンバイトでなく、設計事務所勤めのサラリーマンだったのでゲーセンのインカムとかは考えず、金払ってんだから好きなように遊んで良いじゃんと思っていました。


近ごろはケン、キム、ザンギエフの3キャラで遊んでいます。もう文句を言う人どころか対戦相手もいないし、大会に出る練習でもないのでキャラを固定にする必要すら無いのですが、グルーブポイントと呼ばれる得点で店舗1位を狙っています。アビオンならいつも1位を取れます。大阪梅田モンテカルロだとアテナで高得点を出す人がいて抜けません。たぶんキャラの必殺技の特性から理論値からして抜けません。抜くためには自分もアテナを使うしかありません。それでどうして今のキャラかと言うと、アビオンでハイスコア画面が出た時に1位のキャラが意外だったら見た人が驚くかなと。そんだけです。


アビオンは餓狼伝説カプエス2が隣の台で、餓狼もたいてい誰か独りで遊んでいるようです。それでいいんです。対戦をするより少ないお金でずっと遊べますから、金銭感覚が普通の人に近づいたんでしょう。大阪にウメハラが来たとして、対戦したいかと言うと、たぶんしないでしょう。キムで飛翔脚で飛び込んで、ケンで足払い波動拳をして、ザンギエフでスクリューを1回のゲームで全部楽しめるわけだから、対戦だとキャラやグルーブで不利な組み合わせが分かっていると、それしか取らないプレイヤーとは遊んでいてつまらないです。ガイルでバルログが来たらどうしようとか、サガットが盗まれて腹が立つとか、そんなこと考えなくて楽しく遊べます。ケンもキムもザンギエフもみんな好きなキャラです。波動拳、フワチョー、フンッ!(もはや意味不明)


家の掃除で台所からマジックのカードが見つかり(どこに仕舞っとんねん!)カバンに入れて日本橋のカードショップに持って行くと、ひと掴みほどのカードが、ちょっとブログでは公表出来ないような値段がついて、帰りに寿司を食ってビールを飲みました。お釣りもまだまだあります。プロポイントはもう持っていないけれど、天の恵みだと思っておきます。


今日は天の恵はあったしグルーブポイントの自己ベストは更新したし、しかし誰に自慢するでも無いのでブログを書いてから寝ようと思いました。寿司も串カツも旨かったな。さ、風呂でも入ろ。

広告を非表示にする