日進月歩


写真はトヨタランドクルーザートミカ版。


ゲーマーと言いつつゲームをしないでテレビを見ているわけですが、マブカプ2のハイスコアを出した日は昼飯がカップラーメンでした。サラリーマン生活をしていたときは収入に見合わず大阪市内にマンションを買ったのでカップラーメンをすすりながらゲームをしていました。贅沢な所と節約をする所のバランス感覚が悪かったんでしょう。カップラーメンをすすりながらゲームをすると当時を思い出します。だいたい若い時にお金を持ってもロクな使い方をしないというのが一般論らしいです。



マブカプ2を宅急便から受け取ってすぐは遊びまくり、たぶんこれからは1日1回30分くらいで毎日やるつもりです。集中特訓のようなものより、そういう風に積み上げた方が腕が上がると考えています。チームはガイル・アイアンマン・マグニートで縛ろうかなと。移り気なので変わるかも知れませんが。


アイアンマンの何が強いって、ジャンプの始めの低い所で空中ダッシュが出せる点なんですよね。そうするとしゃがんでいる相手にジャンプキックが当たってしゃがみガードを崩せる。それはマーブルスーパーヒーローズで気付いて出来るようになったんですけど、X-MENのストームやマグニートでも同じことは出来るんです。オメガレッドでもね。フィードバックして後からX-MENをやってみるとストーム実は考えてた以上に強キャラやんって。


しかし、カプコンのゲームは何か対戦で問題が起こっているのが察知されるとすぐバージョンアップして直されるんですよ。近年はネットゲームでパッチが当たりますが、当時はゲームセンターに無償で基盤入れ替えをしていたんですね。今からすると余計なお世話ですよ。


それからギルティギアのような比較的最近のゲームはジャンプの出始めすぐは空中ダッシュが出ないんですよ。ガンダムウイングなんかもそうだった。あれね、操作する側としてはすごく気持ちがいいから、今も低空で空中ダッシュが出るようなゲームが好きな人も何人も知ってます。対戦バランスよりコンボの格好よさみたいなところが要点の人も多いんですよ。


マブカプ2ではコンピュータのストームが低空ダッシュで攻めて来るんですよ。あれを相手に面白いと思うかどうかですね。ヴァンパイアセイヴァーモリガンは普通にダッシュするだけで空中に浮いて同じような事が出来て、人気のあるキャラだから、そういうのが好きな人に向けて作られたゲームなのかなと。マーブル系はアッパーで打ち上げてエリアルレイブを入れる、そういうゲームとして画面を映して欲しいんだろうと、制作者の気持ちを汲み取って遊んでます。



俺がゲーム大会で優勝したのは10年以上前で日本では元々ほとんど報道されていないし、海外のゲームサイトも新しい情報で上書きされてしまいました。こんな自分撮りを載せるのも照れはありますが「こんな人ですよ」ってことで。