メタルギア・ソリッド

歳取ったので、それ相応に対象年齢の高そうなゲームを選んで遊ばなきゃ。どちらかというと子供向け好きなんですけどね。MH4は15歳以上対象で、実際長い事遊ぶと面白さが分かってきます。


俺ね、メタルギア・ソリッドが苦手なんですよ。色々のゲームジャンルで遊ぶけれど、例えばファミコンウォーズだと歩兵を派遣して街や工場を占領して、収益が増えると戦車を生産して軍事力を強化して敵陣と張り合うじゃないですか。でもメタルギアがどういうゲームかというと戦闘工兵ひとりで敵基地に侵入して捕虜を助けたりする。言うなればミッション・インポッシブルなシチュエーション。映画で見たら面白いけど、ゲームだからすぐに見つかったりしてゲームオーバーになりまくりますよ。


せっかく買って遊んでるんだから、もうちょっと客に有利でも良いんじゃないのと思うんですけど、世のお兄様方にはそういうシビアなのが好きなんでしょうか。かわいいアニメの女の子とデートをシミュレーションするゲームとか、そっちのほうがまだ分かりますよ。なんでミッション・インポッシブルが人気あるねん!


このブログで再三ゲームキューブの突撃ファミコンウォーズが面白いと言っているのですが、あれも8面だったか、軽戦車4台で重戦車8台を落とすという、ゲリラ戦のステージがあって、そこで詰まる人が多いみたいですね。あれを越せると飛行機や重戦車が調達出来てブレイクスルーするんだけどな。1面が易しくて最終面が難しいってのはゲームのレベルデザインとしては正しいのかもだけど、洋ゲーFPSや戦略ものは中盤当たりの戦線接触がいちばん難しく、後半は援軍が来て楽になるようなシナリオも結構見かけます。娯楽としてのゲームでなく戦闘訓練の意味合いも加わってか、本当の急所が掴めるわけですね。


そんでもまあ、メタルギアソリッドは国産では最高水準のグラフィックスなので頑張って欲しいし、応援しようと思うわけです。面白そうだけど難しすぎるとも感じてるのよなー。


そういえばファイナルファンタジー零式は大軍で戦うシーンがあって、好きですね。PSPの故障で最後まで遊べてないんですけど、またやりたいです。さらについでに言うと突撃ファミコンウォーズを1面しか遊ばずに「こんなゲームだろ」とドヤ顔でエクストルーパーズを作ったカプコンのスタッフは死ね!


さらについでに言うと俺はゲームを遊んでいて「それ、どんなん?」とか聞くヤツは嫌いです。まだ「貸してくれ」のほうが分かる。それで借りパクされたこともあるけど、少なくとも同じモノを遊んでみようという気があるわけだから。「どんなん?」という口頭説明しか求めないのって他人の趣味に無関心でブシツケですよ。俺はだから2ちゃんの匿名同士でも同じゲームで遊んで「ああでもない、こうでもない」言い合ってるほうが好きです。実際それが会ってできるといちばん良いのでゲーセン通いしてたときもありますが、いまゲームの主戦場はゲーセンには無いので、家庭用と2ちゃんねるとかになってしまう。


エクストルーパーズも「死ね」と言っておいてからですが、買って封を切って3DSにカセットを入れてTPSの画面を見たときは「おっ!」と思いましたよ。突撃ファミコンウォーズ好きだって言ってたし、汲んでくれたなと。でもロボット出てきてロボバトルになったとき「こいつら、突ファミ最後まで遊んでくれてないな」って。その点でファイナルファンタジー零式の戦略画面を見たときは不出来ながら本当に嬉しかった。「こういうの作ろうとしてくれてんだな、突ファミとかエイジスオブエンパイアとか分かろうとしてくれてる」すごく思いましたね。


それくらい言っているのでモンハンが売れていると聞いて、俺も最後までちゃんと遊んでみようとモンハンPSP3rdは100時間やったし、MH4も買いましたよ。これはこれでゲームのルールは全然違うけど面白さがあるのは分かったし、ひと回り年下(ひと回りとは干支1周分12歳年下)の後輩とゲームの話もできる。世代が違うからと思わなくなりました。


なかなか同じ趣味の人と当たらないので、あまり言いませんが俺は戦略ゲームが好きです。でもだいたいどれも同じだし、色々のジャンルを遊ぶ中で、ゲーセンで格闘ゲームをする仲間が顔も会わせるし仲がいいです。勝ち負けのあるものなので、そのせいで仲の悪い界隈もあるし、近いレベルでないと楽しく遊べないので遊ぶグループが変わる事もあります。


そんで子供みたいなのも好きです。ドラクエ鳥山明の絵は本当に好きだし、ポケモンは白黒ゲームボーイのしか遊んだ事ないけれど、好きな人がいて売れているのも分かります。


ちょっとタイトルのメタルギアソリッドから離れてきたので、このへんで終わりますが、ゲーム企画の知り合いで、俺もゲームを買う客であるし、同業経験者として分かろうとしてくれる向きがあるのも分かるけど、本当の趣味ってすごく狭いので、分かろうとしてやってみるゲームと、買って遊んで本当に楽しくて時を忘れて終わったら大事に仕舞ってあるモノとの差は大きいです。ゲーム業界に憧れて勉強のため売れ線を分かっておこうという姿勢で色々やっていたのが、直接の付き合いでなく探偵のように俺の趣味を探ろうとする筋と変なぶつかりをしたんだろうという理解です。


たくさん遊ぶと売れ線と似たり寄ったりなものと、異色作(移植じゃなく)ってのがあって、異色なものに「あれは珍しくて興味深い」ってのと猿のように何時間も遊んだシンプルなものはまた違うし、ファミコン300本持ってるとか言うと「いちばん好きなのは?」とか繰り返しになるけど「どれが面白いの?」とか聞かれるとすごく嫌いです。俺の家に遊びにきてどれでもいいから片っ端から遊んでみてくれと言いたいです。


それで、戦略ものが好きと言っても格闘ゲームを遊んだ仲間は大切だし、戦略ゲームと言うものはおおよそ独り遊ぶもので、遊びを通して軍事や社会に興味を持つ窓口であって、また対象年齢も高くなるだろうし、深い狭いものです。


ゲームというと総じて子供じみているという世間の中でコソコソ独りで遊びながら、分かるヤツと濃い話がしたいけれど、このブログもそうでないたくさんの人に読まれるものだし、戦略ゲームを独りで遊ぶより子供と混ざって子供じみたゲームを遊んでいる方が社会への窓口は広いです。


だから「コナミのいちばん好きなゲームはコズミックウォーズです」とか言うとメタルギアソリッドを作っているチームに張り倒されるのは承知の上で、ああいうゲームもあったほうが客としては面白味がある、とだけ書き加えて、今度こそ本当に終わります。最後まで読んでくれてありがとうございます。

広告を非表示にする