タロットカード


ゲームの世界にはカードゲーム以外にもカードが出てくるものが色々あるけど、その究極はタロットカードだよな。ゲームとして遊ぶにはトランプのほうが洗練されているという話もあるそうだけど、トランプをながめているよりは絵柄の入ったタロットをながめるほうが楽しい。


タロットには有名な大アルカナと小アルカナがあって、小アルカナの剣、棒、カップ、金貨のそれぞれの絵が人の浮き沈みを良く表していて、ライダー版といわれる種類のタロットを全部照らし合わせてみると、人がどういう境遇にあるのかピッタリ合うものが必ずある。


だからといってカードを繰って出てきたものが運勢だとは信じていないけれど、ちょっと退屈な時に何枚か引いて見てながめて考えるのも面白い。


俺は占いが結構好きで、何故かと言うとマジックギャザリングの世界で青の占いのカードは色々あって、そのどれも手札を増やすカードなんよな。怪物を出したり火で焼いたりにくらべて手札を増やすカードというのは地味なんだけど、ゲームに長けてくると手札の数が勝敗にジワジワ効いてくる。だから、占いをみてそれについて少し考えると、何となく手札が増えて得をしたような気分になる。言われたことを信じているわけではないのよ。



MacOSXMaverickにアップグレード!勢いでやってしまった。後悔はしていない。ブラウザの使い勝手が変わったのは慣れるまで面倒ではある。しかし時代は進むのだ。いつまでも今のままが良いと自分で思っていても世界は変わって行くので、世界の変わるスピードに合わせてアクションを起こさないと現状維持は出来ない。

広告を非表示にする