目標を設定して達成した後どうするか


写真はトヨタランドクルーザーのパトカー版のトミカ


俺は今36歳だけど19歳の頃はゲームがもっと上手くなりたいと思っていて、やり続けたらいつか上手くなるという風に考えていたんだよね。クリアしたいゲームとか何面を越したいとか明確な目標があったら集中特訓という手もあるんだけど、日々遊ぶのが面白くて色々やっているうちに34歳くらいで19歳の頃に思い描いた理想のキャラの動きが出来るようになっていた。そんで、それをビデオに撮って引退をすることにしたんだよね。


具体的にはヴァンパイアハンタービシャモンオルバスにダッシュ弱キックをガードキャンセルソニックウェーブされたら攻撃の手をピタッと止めてソニックウェーブにカードキャンセル鬼炎斬を決める。そしてオルバスが何もして来なかったら攻撃を続ける。それをどちらが来ても滞り無くスムーズに攻守を切り替えてゲームを進行する。


これは完成形を見た事があるんだよね。そうなりたいとはどこかで思っていたけれど、そこまでは出来ないんじゃないかって思う部分もあって、ビシャモン以外のキャラでも色々と遊んだし、同じビシャモンなら比較されるから違うキャラに甘えてたとも言える。でも19歳の自分に「それは甘えだ」って言ってビシャモンばかり練習させようとしても折れてたと思うよ。


ヴァンパイアハンターからシリーズ新作のヴァンパイアセイヴァーもやってストIII3rdもやって、色々と手に馴染んだのをフィードバックして久々にハンターをやると手が勝手に鬼炎斬を出したという感覚。15年かけて培ったんだ。そして目標設定してたわけでもないけど、それ以上が想像できなくてやめた。


そして今カプエス2をやっているのは、退屈しのぎと懐かしさみたいなものがキッカケなんだけど、やってると「もっとこうなりたい」というビジョンがあるんだよね。ヴァンパイアだと、目標になるためにはオルバスソニックウェーブを出したり出さなかったりしてくれないといけない。丁度そういう相手と対戦できたのは幸運だったと思う。それと比べるとカプエス2は先例があるわけでなく、もっと上手くなっても上手い同士でやると画面で見えない部分があって、例えばベガのダブルニープレスを2回ブロッキングしてコンボを入れれたとして、ベガがそれを警戒して投げばかり来ると投げ返しや投げ抜けしか画面に出ないわけで、都合良くダブルニープレスを出してくる相手でないとやりたいことは出来ない。その辺に自分がどうなりたいかだけでは解決できない問題があることは分かっている。


そう考えると今以上のやりこみは無駄にも思えて自然とやらなくなった。


やらなくなったが、やりたいと思った時に約束した相手との対戦があるので、そのための練習はしている。相手に失礼だからね。それをやっていると、相手が技を出して来ないならガードクラッシュまで滞り無く攻めて、反撃してきたらブロッキングするという理想像が浮かんでくる。まだまだ、そんな領域でもなく、ブロッキングを狙うと攻め手が止まるし、攻めると反撃を受けたりする。そんな境地が果たしてあるのかも想像がつかない。


それでも、やってみたいことがある間は迷わずにやりこんだら良いと思っている。やりたいことが出来る事なのか見極めるためにまだ練習の余地はあるだろうということ。次に目標を気付いたら超えていたとして、それが40歳か50歳かあるいは来週なのかは分からないけれど、自分のペースで楽しいうちは続くから。それでいいんだ。