疲れが取れて来た

一昨日くらいは疲れがマックスでもうダメかと思ったが、テレビもパソコンも消してボーッと過ごし、また働けるというモチベーションが出て来た。俺は有名なコピペ「働いたら負けだと思っている」「働かない!絶対に働かないでござる」の言い出しっぺなのだが、真意としてはホリエモンが「若者が金持ちになるには自分で起業するしかない」に対して「どこかの社長に雇われて働いた稼ぎを上納させられているようでは社会的に負けている」という意味であって、働く意志はある。つまり「雇われたら負けでござる」が正解。まあ、世の中には給料泥棒という言葉があるように雇われて勝っている人もいるので例外は存在する。


ブラックプレジデントは映画サークルに入るあたりで見るのをやめたが、あれはやってはいけない未来図のひとつとして参考になった。プログラマーと言うと学歴不問の会社も多いが何か別の仕事をと考えると新卒大学以上を仕切りにしている会社が多いので、門前払いを感じることもある。雇われたら負けだと言うのとは矛盾するポイント。内定を逃した新卒者のブランケットは保険のセールスマンらしく5月の求人サイトはホントに保険絡みが多い。保険と言うのは手に職がない人の仕事の代表に見えてしまうな。形の無いものを売っているのだ。