ブログの広告収入は月約100円

俺のブログに興味を持つ人というのは、インターネットでたまたま見つけてあるいは何か共通の趣味で知り合って仲間だと思って読んでくれている人などがいるが、俺はけっこう金遣いの荒い時期があって、それは単に毎日代り映えの無いプログラマー生活に嫌気がさして貯金を下ろして使っていただけなのだが、その使うペースから「何か儲けている秘密があるに違いない」と俺の事を調査してブログに広告収入があると取り違えている人というのも多数いる。


タイトルに書いたようにブログの広告収入は月に約100円程度。はっきりいってルポでも書いたほうが収入は良くて2000円くらい簡単に儲かるけれど、書くテーマは仕事を選べないし、公益性のある内容より読者を商品購入に釣るウソを毎日書くというのも神経がすり減る。売れない芸能人が通販のコマーシャルに出るのと同じようなもので、芸能人とてステージで歌ったりしたほうが通販の広告より幸せなはずだ。


だから俺は好きな事が書けるブログのほうを日課としている。


そして、ブログに広告収入があると勘違いして追いかけている人は俺にとってはお客さんみたいなものなのだ。世の中にはブログの管理費を収入にしている人もいるし、広告収入といっても大半は契約成立時報奨型なので、ブログに商品の広告を貼っていても、それを見て別の店で買った場合は広告は広告として効果を発揮したのにブログ作者には一円も入らない。


ここで俺が種を明かすのはもう充分に距離がついたと思っているからだ。ブログで儲けていると思われる事で辛い時期もあったが、プログラマーと言うのがどういう仕事なのか尋ねられた時に根掘り葉掘り説明する労苦を考えたら簡単に儲かっていると思われるほうがずっと楽なのだ。俺はプログラムのことならいくらでも説明出来るが、それは会社の歯車としての仕事であって、どうして会社が俺に毎月の給料を出しているのか社会の構造については俺の関与する事でなく、頼まれた通りにプログラムを書いてお金の事は会社に任せている。しかし、俺がカネを持っているのを見て取った人は何か簡単に儲かる手だてがあるに違いないと誤解しているところから始まっており、俺は風貌がよくいるメガネの賢そうなプログラマーでなく、イケメン俳優のちゃらんぽらんみたいな恰好をしているので(自分でイケメンと言うのも恥ずかしいが)プログラマーではなく詐欺師かなにかと勘ぐられたりもする。それよりか、広告収入だと言っておけば「ラクして儲けているんだな」程度の事を思い、また真似をしようとする人はパソコンを買ってプログサービスに利用料を払ってくれる。同業者であるプログラマーにちゃんとカネが入るはずなのだ。


そういうことは金持ちは皆当たり前にやっていることなのだ。金持ちは「どうやったらお金持ちになれますか」というような質問に決まった答えを言う「自己投資して勉強しなさい」と言うのだ。そうしてセミナーに行ったり本を買ったりしてお金を無駄に使わせて時間までもが奪われる。


俺は20代の頃に1杯600円くらいする立ち飲みのバーに入り浸っていて、そこで知り合った人間と言うのはみな貧乏で店に飲みにくる金持ちを見つけてはそいつがどうして儲かっているのか秘密をかすめ取ろうと仲良くなったフリをして情報収集をしていた。あんなところで飲まなかったら俺はずっと会社員として働き続けたかも知れないが、その店に集まっている貧乏な側の客はみな魅力的な貧乏人で、そこで一緒に大金持ちを目指して起業すると言う夢が俺に芽生えた。


それから随分と経った。


俺は少なくともあの頃よりは金持ちになっている。あの人達は今何をしているだろうと思う。何人かは電話番号くらいは知っている。また日銭を稼いで飲んでいるのだろうか。


俺のプログラムの師匠であるYさんは世の中にコンピュータが普及してもプログラムが分かる人間と言うのは半分以下で、簡単にコンピュータを使う人間と、そうやって使いたい人間にサービスを提供する人間との摩擦は無くならないだろう、世の中全員がプログラマーになるユートピアは実現しないだろう。と10年くらい前に話していて、まあ10年も前の話をどうこう批判する気は無いが、コンピュータといってもiPhoneもコンピュータなわけで、また駅の券売機ももコンピュータ内蔵なわけで、コンピュータはとっくに普及しているが、プログラムが分かる人間は1%も居ないのが現実ではなかろうかと思っている。小学校で情報科目が必修に導入されても、高校を出ても数学なんて忘れてしまうのと同じようにプログラマーなんてのは出来る事なら誰か他の人に任せたい。


そう思う人がたくさん居るからプログラマーはプログラムでお金を取れるのだ。金持ちになる方法に本を読む以外の方法として「便所掃除を自分でしなさい」というのがあるが、俺が一番儲かっていたときはビルの便所はいつも管理者が清掃員を雇って掃除してくれていた。


金持ちになりたいなら、まあせいぜい日銭を呑みに使わず貯金をして、そのお金を増やせる仕事は無いかよく考えて下さい。これはウソではないです。