少子高齢化の日本は多国籍国家

日本は少子高齢化で外国からの移民を多く受け入れて人口を保っています。


俺が過ごして来た中で「アイツはどういう神経をしているんだ」と思う人がしばしばいますが、だいたい共通項として肌の色が若干濃い。それだけで差別する事は勿論いけませんが、出身が違うと言う事は子供の時に親から教わった事、読んだ童話など、思想の根底がちがうんだなと。考え方が根っこから違うんだなと。それを理解して相手にしないと、痛い目に会う事が分かります。


俺がサラリーマンをしながらゲーセンに通っていたので、ゲーセンにたむろしている不法入国者からすると信じられないくらいの大金を財布に入れて遊んでいるわけです。日本人と言うのはパチンコという(パチンコ=朝鮮という話は今は別ね)遊びで分かるように貰った給料を信じられないような使い方をします。そして、ゲーセンにはストリートファイターという殺し合いのゲームがあり、客を殺すために雇われていると言っても良いストリートファイター小僧がいるものです。かつてはそういう子は朝鮮人だったろうけど、今はフィリピンなんですよ。朝鮮人と言うのは日本で働くために日本人以上に礼儀作法など習っているものですが、フィリピンは違う。


フィリピンはお金を貸して欲しいというような用事で寄ってくることはもちろん、借りた金は返さないし、貸してもらった人の陰口を叩くなんてのが普通なんですよ。まあ、カネの話は貸した俺が悪いとしても、困っている人にお金を貸してまさか悪い噂を立てられると言うのは予想外でした。


以下JACの活動記より抜粋

私から見える、一般のフィリピン人は、表面は愛想が良く、
裏に回ると、相手の悪口ばかりです、貴方の前では、わかりました、
しかし、裏に回ると他人に、貴方の悪口ばかり言ってます。
訳の解らないプライドが高く、他人から自分の見栄を注意されると
何時までも、根に持ち、仕返しを考えます、人の噂話が好きで、
オ―、ガノンガノン(そうだ、そうだ)と、本当の理由も
知らないで、物事を批判します、フィリピン人というのは、
本当に見栄が強く、自分を非難されたり、下げられたりする事には、
怒ります


大阪梅田モンテカルロというゲームセンターは梅田の商店街の中と言う立地条件に関わらずゲーム1回50円と割安です。普通の都市部のゲーセンは1回100円、高い所では200円取りますが、立地から考えて安いので多くの対戦ゲーマーが集まっています。


まあ、ゲーセンなので朝鮮人の特徴である頬骨が出っ張ったのは多いです。大阪と言う土地柄でもあるでしょう。大阪の繁華街はお好み焼きにキムチを混ぜて出す店など、そういう空気感があります。


しかし、俺が格段にひどいと思ったのはイノウエとクニヒロという片方は苗字で片方は名前で呼ばれているのですが、年中ゲームセンターにいる割に肌は褐色で、おそらく日本人では無いだろうと思っています。四国出身だと色黒の人もいるようですが、異質です。

よく言う事が、貴方も経験が有ると思いますが、お金を借りにきます、
しかも堂々と、恥も無く、ウータンです、何日に返すから、
ONLY(たった)幾ら幾らです、借りた後は知らん顔です、
催促すると、逆切れですね、 人に金を借りるときはニコニコと
笑い、催促すると、怒った顔、始末に終えません、


イノウエもクニヒロも俺にお金を借りに来ます。100円のこともあれば多いときではプレステのゲームを買うからだと8000円くらい貸した事もあります。


にもかかわらず、俺はその二人から相当に陰口を叩かれている事が分かりました「あんなヤツ、俺の財布みたいなもんだ」と自慢げに他の人に話していたり、思い出すだけでも腹立たしいけどゲーセンに来ている親切な筋の人から教えてもらいました。俺が言われなくすれ違う人から睨まれたり、笑われたり、街に何か変な噂が立っているなと感じて聞き込みをしたからでした。


また、プログラマーとして仕事を一緒にしたことがあるヤマネという女性もその挙動を全てフィリピンだからと考えると、ピッタリ一致します。女性なので化粧をしていて分かりにくいですが、腕などは浅黒く、きっとそうでしょう。


いま日本は少子高齢化で移民をどんどん受け入れていますから、フィリピンの人が日常生活の範囲にどんどん混ざり込んでも仕方ない状態でしょう。子供が急速に増えるわけは無いですから、フィリピン人は日本にたくさんいて当たり前になるでしょう。


そして、そうなった時には「情けは人の為ならず」というような日本の処世訓は通じなくなってしまう。フィリピンにはフィリピンに対するやり方を持ってして立ち向かう必要があるのです。言葉は日本語を覚えても魂の本質はフィリピン人のままなのです。