節約生活はじめました


街に出てもゲーセンに行かない生活には慣れ、昼食はマクドダブルチーズバーガーからカップラーメンに替える。タンパク質が足りないので鯖缶とソーセージを買っておいて適当に補う。卵は台所が物置になっているので調理できない。ラーメンに湯を入れる前に卵を落とすという技も無いわけではないが。


6月なので配当金が入り、その資本金からの利回りを考えると金持ちな使い方(例えば喫茶店でランチ)を出来るのはもっと働いていないと厳しいことが分かる。無理に働いて贅沢に使うなら節約するほうがラクだ。そうすると大阪までの交通費往復1200円と散髪の1800円が高く感じるな。服も気にすると高い。


ゲーセンには行かないがギターも飽きて無趣味人間になりつつあるのでプレステでカプコン VS SNK 2をまたやりだした。ブロッキングは何度と無くクリアしたのでAグルーブのオリコンで理想だと思えるのが豪鬼・さくら・ベガの3キャラ。攻めれる。ゲームを動かせる感覚がある。そして難しい。ブランカバルログだと大抵は単調になるので、強いのかも知らんがゲームの運びが全てデジャビュのようで豪鬼のほうが楽しいなと。


ホント言うとA豪鬼P草薙京Nモリガンというようなグルーブ跨ぎのチームで遊びたいが、残念ながらそういうゲームではないのでA豪鬼のおまけに選んだのがさくらとベガなのだ。


ファイアーエムブレム覚醒は遭遇戦も外伝も目もくれず11章まで走り抜け。5時間台。高校の頃ソードワールドを遊ぶため幼稚園からの付き合いがあるN氏の家に遊びに行ったらファイアーエムブレムファミコンがあり、電源を入れてみると13面で放っているようだった。俺はクリアまでやっていたので、その点で勝っていると思ったが、今考えるとN氏はパソコンも持っていて、もっと面白いゲームをやっているのでファイアーエムブレムは13面の広さに嫌気が差して放ったのだろうなと察する。面倒よね。でもまあ、最後まで遊んだほうが気持ちの荷を下ろせるし達成感もある。覚醒もちょっとずつ進めている。