読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

αβ部分のバグ修正


将棋ベーシックαβモンテぴょんのαβと評価関数にバグが有ったので修正。徹夜で作って寝てから考えても直らないので大雑把に作った部分を全て見直して手を入れて行ったら自然にバグの箇所が見えてきた。こういうのは会社仕事だと他人も読むので気を使う所を自分独りだといい加減になるが、熟達するには自分独りでもナメてはいけない。


バグが取れるとプログラムが本当に仕様通りに動くので作った本人は裏読みで勝てる。これはαβ法が強くても一度勝てると同じ棋譜でずっと勝てるというコンピュータ将棋の弱点を見直すため、多少弱くても同じ棋譜には負けないモンテカルロ法を併用して定跡崩しをしているんだけど、そうすると定跡通りに注意深く進めればやがて疑問手を指して自滅してしまう。


ここを定跡にすると、最初にお手本にした「うさぴょん」に近くなる。


だから総合して「将棋ベーシックαβモンテぴょん」とした。ベーシックはプログラム言語がVisualBasicだから。ソースコードも知る人ぞ知るいつもの場所にアップしました。これ会社に売るなら100万円くらい取りたいよな。作業時間丸3ヶ月相当だぞ。学生時分からの構想だし。といっても市場価値はゼロ。会社というのは出勤してタイムカードを押していれば時間分のお給料はもらえる。あの仕組みは是正されても良さそうだが、雇用者と労働者の利害が一致しているからそのままなんだろうな。評価関数的だ。