Forzaから


XBOX360本体付属の運転ゲームであるForzaは初めて遊んだとき遊び方が良く分からなかったんだけど、グランツーリスモじっくりやってみようと思ったら別にForzaでも良かったなという。似たようなゲームだから。Forzaというのはイタリア語で「力強い」とか「頑張れ」という意味があるらしい。Forza Mortorsportだから「頑張れ!モータースポーツ」なんだろね。


ちなみにGT(グランツーリスモ)と良く間違えられるGTA(グランドセフトオート)は「大自動車泥棒」だな。大泥棒ホッツェンプロッツを思い出すわ。銃を打つ危険なゲームで特にGTA3発売当初はテレビで犯罪者がハマっていたゲームとして映像が流されて、それがプロモーションになってたと思うんだけど自動車泥棒というタイトルだと思って改めて見ると何をすれば良いのか分かる。銃で脅してクルマに乗り込んで走り回って歩行者を轢く。それだけなんだよな。申し訳程度のストーリーや目的とかもあるらしいけど、走り回って以上ってのが普通の遊び方だと思う。


奈良県地図のレースゲームが有ったらゲームで地図を覚えられるのにな」というと「それってデコトラ伝説でいいんじゃ?」「デコトラってそういうゲームなの?」・・・どれどれGoogle先生・・・「大型幹線道路だけじゃん」「それじゃダメなの?」「幹線道路って覚えなくてもまっすぐでしょ、市街地の地図のほうが良いなあ」「それくらいいいじゃん」でも演歌は良いね。興味あるわ。越乃ひかるの花恋歌を聴いてトラック運ちゃんの孤独に共感して泣いてから演歌を数曲聴いてアンジェラ・アキ津軽海峡冬景色からJ-POPに帰って来た。路線を間違えたら水樹奈々からアニソンに行ってしまうところだ。デコトラなあ。興味はあるけど俺には似合わない気もするな。


そうこうしているうちにForzaやっとゴールドトロフィー獲得。上手くなると面白いけど、やっぱ飽きは来るね。風景を作り込んだゲームなんだけど、レースに集中すると景色が見えなくなってカーブのラインばかりに目が行くので、レーサーな目線ではなく下手の目線のほうが目に色々のものが飛び込んで来て飽きない。クルマに乗っていて運転手のお父さんより景色を見ている子供のほうが目が光っている感覚に近いかもな。これ慣れたら鋭い走りをしながら景色も見れるんかな。いやでも集中力を考えたら難しいかな。


本格派ドライブシミュレータなら時間をつぶせるかと思っていたけど、残念ながら土曜日丸一日でゴールドトロフィーを取ってしまた。嬉しいようなそうでもないような。また退屈になるわ。ピアノに向かうという道もあるけど、そこまで万能を目指さなくともステレオかけてクルマの運転が趣味と言ってしまえば充分普通だよな。かける音楽とクルマの車種だけでも無限の趣味になるからな。そこを音楽家になったりメカニックになったりレーサーになったりする必要は無いわけだ。