読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうして自殺するのか

なんとなく「死にたい」とかGoogle検索に打ち込んでメンヘラ記事を読む事はあるんですけど、今日は「首つり自殺のやり方」で検索すると首つりの前におしっこをしておくと失禁しないので死体がマシになるというような情報とともに首つりヒモの括り方が図説で載っていたりして、まあ、今日死ぬ事は無いか。仕事が辛くなったら辞めちゃって親に甘えて親が死んでから首括る事を考えようと自殺を日延べしました。仕事は世間様の色々の仕事の中では楽なほうだと思うんですけど、俺はそれすら耐えられないんです。


思うに20代で自殺するのって、今の世の中子供の頃は親に飯の世話から欲しいオモチャに何でも買ってもらえて、18歳とか22歳になったら自立を迫られるじゃないですか。30歳くらいまでモラトリアムという話が問題になったけど、俺もそんな感じで、でもそれって自殺よりずっと良いじゃん。ちびまる子ちゃんの親父とか何やってるか良く分からないけど晩飯にはみんな揃ってて、そんだけ豊かなんですよね。クレヨンしんちゃんは世帯が貧しい。そして作者も残念な事に。


ドラクエみたいなゲームが面白いのって、長い事遊んでると自分のレベルが上がって強いモンスターに勝てるようになって、その強いモンスターはもっとカネを落とすから、やればやるほど加速度的に金持ちになるじゃないですか。俺は20代の頃は幸いにして給料右肩上がりだったので、妬みやなんかで陰口言われたり叩かれたりしたけどそういう幸福はあったんですよ。


今は安月給で働いてる。そうすると陰口言ってた連中と励まし合ってなんとか過ごしてる。でもそれって、もう60歳なり65歳までの展望が直線のグラフに見えちゃう。なんかね、会社に電話入れて休んで家でゴロゴロしてると親父がスーパーの弁当を昼飯に買って来てくれて、それとカップラーメンに湯を入れて半分に分けて食べたんですよ。俺が子供の頃は7人家族だったから。あの頃に比べたら今の家は寂しいですよ。親父はラジコンいっぱい買って俺はゲームやパソコンいっぱい買って、それで寂しさを紛らして生きてるんですよ。でもそういう満足って大家族の安心感は無いね。家族多い時はもちろん自分の部屋が欲しかったけど。


そんでね、月並みに子供養うだけの所得が無い貧乏なのかもなって。もっと所得が無くても子供作ってる家もあるだろうけど、俺は子供の頃から甘やかされて贅沢だから子育て貧乏みたいのに恐怖心があって、おむつの交換とか出来るかなとか子供風呂に入れて目を離したら溺れさせてしまったりしないかなとか、結婚もする前から何となく不安を感じてしまう。


まあ、結婚して子供が出来てその子供が風呂で溺れて死んだら俺も首括りますってことで。