アマゾンでメンズコート5000円

アフィブロガーてのは結局のところ通販会社に宣伝要員として使い捨てられた感覚があるんよな。アマゾンなんて誰も知らないってときは広告をクリックして「何だ!クレジットカード登録だと!本当に大丈夫なのか?」と思われていただろうし、ネットで買うのが当たり前になるとみな欲しい商品を自分で検索するのでアマゾンの知名度アップに貢献した対価は支払われていないというか。売れたらそこからナンボと言う。


そうは言うものの、ゲームソフトに関しては新旧織り交ぜて欲しいものは全部買ったので、もうお金はいいやとか休みが欲しいとか言って、実際休んでいます。食費だけ稼げば生きて行けると思ってる。


そうしてると服が時々傷んでくる。冬服のコートなんて傷んだら高いやんケー。ダウンジャケットなら安いけど格好良いコート買おうと思ったら5万10万はいるかなーと預金残高を確認したりするんですけど、ふと実際通販でナンボだとアマゾンを見るとマトモに見えるメンズコートが5000円とかであるのな。


これは雑誌でもそう。雑誌定期購読のfujisanアフィリエイトを長い事やってるとタダ読みお知らせ便や購読割引のサービスがどんどん来る。俺ひとりの現金収入の面では大した額ではないけど、社会的利益になったんだなと思うのよ。


服も本もそんなにポコポコ売れるもんでもないから店はそれ相応の利益を取って運用しているわけで倉庫直通の通販になるとここまで安くなるんだな。5000円で良いとなると、そんなに奮発しなくてもオシャレ出来るんやなー。道理で街を歩くとオシャレな若者が多いわけですよ。