ハイホーハイホー

ゆけばいい 君の選んだ道を


いつだったか南海キャンディーズの山ちゃんの自宅をテレビで見たんですよ。
六畳一間くらいのアパートでソファに座って壁にプロジェクターを映してさ、
延々とアイドルのDVDを見てるの。なんかそれがスゲーかっこいいと思った。
モテるよりも自分の見たいアイドルをいつでも最高の姿で見れるわけじゃん。
アイドルはいつも笑ってる。歌ってる。ああ、こういう生き方もあるんだな。


まあ、自分でやると一日で飽きてしまいましたけど。やってみたかったんだ。


切込隊長のブログ読んでるとロシアは経済崩壊してから平均寿命が下がって、
日本もアベノミクスがこけると庶民の医療費あたりから切り捨てが始まって、
俺の残りの人生も先細りになって行くのかなって漠然とした不安があるんよ。
そういうものは音楽聴いてると一時的にだけど忘れる事ができるわけですよ。


言葉を変えると現実逃避なのかもしれんけど、首くくるより一生逃げ切ろう。


でも、部屋の片付けはやらなきゃね。


四年前に片付けたときに高校の頃親に買ってもらったミニコンポが出てきて、
それで音楽を聴いていた時を思い出しながら得体の知れない恐怖感が来たの。
あれ、俺ってあの頃から何か変わったのかなって。何か成長したのかなって。
ミュージシャンになりたいのにプログラマーになってカネだけ稼いで来たな。
買ったものなんて全部現実逃避のテレビゲームばかりでずっと逃げて来たと。


そこからギターに夢中になった。なかなか上達しないけど恐怖は消えたんだ。
この世に生を受けて育ってゆく中で音楽に興味を持って、それを求めたんだ。
求めたほど得られなかったかもしれないけど、やらずじまいの後悔は消えた。


そうしてまた、高校の頃と同じように部屋で音楽を聴いてる。マックで聴く。
コンポがマックになっただけで大して成長はしてないかもしれないんだけど、
音楽を聴いている椅子の傍らにはギターがあって、いつでもつま弾けるんだ。


どうやって暮らして行くかは貯金を切り崩しながらそんなには考えていない。
でも、今は後悔みたいなものは無い。やってダメだった事は色々とあるけど。


さて、乃木坂46のアルバムの2枚目でも聴こう。気持ちだけ変わってくのさ。

広告を非表示にする