安心のZERO3

今日はYouTubeで西日暮里や京都河原町のゲーセンでのゲーム大会のビデオをずっと見てた。なかでも面白いなと思ったのが京都a-choでのストZERO3大会。参加者12名で6人リーグふたつで予選を組み決勝トーナメントまでの様子が1時間ほどの編集で収められている。懐かしさもあるし新しさもあった。


俺が辛かった時期はストリートファイターIVの発売後にあらゆるゲームが淘汰されて2ちゃんねるの話題がストIV大会ばかりになったとき。俺はストIVは合わなかったので、もう趣味を変えるしかないのかなって思ってた。まあ、京都で全国大会と銘打って参加者12人てシーンとしてはあっても無くても変わらないに近いけど、これは小さい火だけど風前の灯という様相ではなくて燻った火のようなエネルギーだなと感じた。いつか完全燃焼して自然に無くなるんだろうなと。