今日のカプエス2その3

Aケン・草薙京八神庵でグルーブポイント3082GPまで記録。


このチームとしては自己ベスト。Nモリガン八神庵ロレントでの3409GPが自己ベストで、それを射程圏内というには330GPは遠いけど、目立ったミスが数回あって伸びしろはある。Nモリガンのチームはグルーブポイントでは有利と言ってもメインキャラにするのを悩む構成だったのでAケン・京・庵はやりたいキャラでモチベを引き上げる。


でも3000台出たら安心した感もあるのよな。対戦でそれが生きるかは別として「コレ出来た方が上手いよな」と思うことでまだまだ出来てないことが一杯ある。ヴァンパイアハンターではそれがチェーンコンボガードキャンセルであって、それらを極めて辞めた。セイヴァーもアドバンシングとかガード不能など極めて無いこといっぱいあるし、ストIII3rdもブロッキングはだいぶ練習したけど赤ブロッキング完璧かと言うとそうでもないし、ストZERO3では豪鬼オリコンとか出来ないし(そもそもキャラがナッシュだったし。ナッシュのオリコンは出来るけど)ウメハラの謎めいたバクチが何故当たるのかは神なのか八百長なのか知らんけど、そういうのでなくて技巧的にコレのが上だろってのは自分のプレイで全部出来てるかと言うと出来てないわけで、そういうもののほうが対戦で勝つってより目指しやすい。


そういうので行くと格闘ゲームよりシューティングとか音ゲーの方が分りやすいしモンハンやソシャゲーパズルでも高みにいる人は自分よりもっと上がいるのが分ってるけど、Aグルのオリコンを自分がCグルでやってるときはズルいと思ってた。でも、自分でも出来るようになると見え方が変わって来て、もっと上手くなれる気がしてくる。対戦をしてると強いに繋がらない上手い要素を切り捨ててる部分がある。たとえばKグルでスパコン打った方がオリコンより減るとかさ、ジャストディフェンスと目押しスパコンさえ練習してれば充分勝てるみたいな感覚はAグルの上手いのと比べたら情けないよなって思う。ジャストディフェンスはそれはそれで別の難しさだけど、ミスってもガードだからオリコンみたいに繋がらなかったら致命傷の世界じゃないからな。触ったら死ぬシューティングと体力制のアクションみたいな違いで勝ち負けと上手い下手が直結しない部分が自分の下手な部分を分らせてくれないと言う感覚。


まあでも買って遊んでんだからシビアなのわざわざ挑まなくても楽しめるならそれやってりゃ良いとも言えるわな。オリコンで3000GP台で満足ってのはバトルガレッガをEASYで全部クリアしたら画面は最後まで見れたわけだから満足みたいな感じに近い。NORMALで全部クリアしてゲーセンでも披露出来ればベストかもしれんけど、出来るようになってゲーセンで見せびらかしたいみたいな感覚はギターの弾き語り自撮りして無くなった。俺はビートマニアもゲーセンではやさしい曲を演奏するので。鳴ってる音は同じなのに、どうしてわざわざ難しくするのって感覚もまた自分の中に持ってる。向上心てのは、やはり技術の上達に対して感触や体験の変化があってこそだと思ってる。


オリコンでもガイルやロレントを入れてた頃はオリコンではなくてガイルやロレントの通常技と必殺技で充分勝てて安定状況だけ嗜みでオリコンって感じだったから、オリコンを武器にしたケンで戦えるってのは進歩だと思う。ケンのオリコンは簡単だし、草薙京は八拾八式オリコン八神庵は中パンチオリコンや画面端鬼焼きオリコンとかでまとめてるんだけど、3キャラオリコンで安定して勝てるようになるってだけで充分に目標だったから出来て嬉しいです。


嬉しいです。はい。本当に。10年越し以上の達成感。


諦めずにやってよかった。